2020年4月 4日

観察池にて...

こんにちは!井上(タップ)です。

P4044166.JPG P4044163.JPG

先日、園内にある池の修繕工事が終わり、無事池の水が溜まりました。

池の中を覗いてみると、なにやらぬるぬるとしたものが、、

P4024161.JPG

これはおそらくヤマアカガエルの卵だと思われますflair

こちらはもうすこし水かさが増して、池の底に卵が沈んでいる様子。

P4044169.JPG

 

池の水が溜まって、数日後にはこのように池に産卵されていました。

これから、池の水を求めてたくさんの生き物たちが集まってくるのでしょうかfish

生き物たちにとって住みやすい環境に整えて、見守っていきたいと思います!

 

井上(タップ)

2020年3月29日

雪が積もりました 3/29

こんにちは!井上(タップ)です。

日光では、昨夜から今日(3/29)の15時ごろまで降雪があり、学園も雪が積もっております。

20200329_091445.jpg 20200329_091135.jpg

杉林にも雪が積もり、壮観な風景です。

20200329_090434.jpg 20200329_090736.jpg

ムササビの巣箱の屋根にも雪がのっていました。

ムササビは中で暖かくすごしているのでしょうか。snow

 

20200329_131940.jpg

学園内の道路にも積雪があったため、除雪機やショベルを使って雪かきをしました。

 

学園にお越しの際には、路面が凍結しスリップする恐れがありますので、

お車でお越しの方はスタッドレスタイヤを着用ください。
 
 
井上(タップ)

2020年3月28日

ひょっこりムササビ観察記②

こんにちは!井上(タップ)です。

 

ムササビの巣箱前に設置したセンサーカメラにまた面白い写真が撮れていました!

 

いつものように帰宅するムササビさん。

IMAG0005.JPG

ムササビは夜行性のため、日が落ちてから食料や巣材を求めて、活動を始めます。

センサーカメラで見たところ、学園のムササビはだいたい18:20ごろ巣から出て、翌日4:30ごろに巣に帰ってくるようです。

 

巣に戻ってから、すぐには巣箱には入らず、キョロキョロと辺りを見回します。

なにかを警戒しているのでしょうか.

このときカメラに目線を向けます。

スクリーンショット (13) (1).jpg

明らかにこちらを見ている、、、

スクリーンショット (14).jpg スクリーンショット (15).jpg

sign02

 

スクリーンショット (17).jpg スクリーンショット (18).jpg

 

モゾモゾと体勢を整えて、カメラの方に向かって飛びついていました!coldsweats02

この映像を見ている時、驚いて思わず 「ワッsign03sign02」と大きな声を出してしまいました(笑)

まるで妖怪の一反木綿、、、

 

カメラに飛びついてきてからは、しばらくカメラの匂いを嗅いでいました。

巣箱の傾きを直して以来、ムササビが少し神経質になっているように見えます。

これからしばらくは、そっと見守っていきたいと思いますclover

 

井上(タップ)

2020年3月26日

ひょっこりムササビ観察記

こんにちは!井上(タップ)です。

 

今回はセンサーカメラが捉えたムササビの様子を見ていきたいと思います。

IMAG0040.JPG

こちら3月18日午前4時ごろの様子。

よーく見てみると、口になにか咥えているのがわかります。

 

巣材3.jpg

巣材.jpg

 

おそらく、学園の林の杉などの樹皮を剥いで、せっせと巣へ運んでいるようです。

 

巣材2.jpg 巣材4.jpg

巣の中へ巣材を敷きつめて、快適な部屋作りをしているムササビの姿は

なんだか健気で、いとおしさすら感じますblush

 

快適な巣箱にしてもらって、長く学園の林に住みついてくれればいいなと思いますclover

 

井上(タップ)

2020年3月24日

開花宣言 その2

みなさん、こんにちわ。

南斉(ちゃい)です。

 

前回の開花宣言から1週間。

今回は2種類の開花宣言をしたいと思います。

P3184155.JPG

一つ目は『スミレの仲間』です。

多分、『ヒメスミレ』と思われますが、自信がありません。

スミレは種類も多く、似ているため分類が難しいです。

春の山野に凛々しく咲いているので、身近な自然に何種類見つけることが出来るのか、

探してみると面白いかもしれません。

 

続いては、こちら。

P3184154.JPG

花自体、1㎝以下の小ささでしたが、『キランソウ』です。

今後も暖かい日が続けば、花も増え、葉も大きくなっていくと思います。

昔は生薬として、傷や風邪の薬として使われていたそうです。

 

今回、写真に撮って紹介できませんでしたが、タンポポも咲いていました。

そして、3月22日にはウグイスが鳴いていました。

春はもう目の前です。

 

2020年3月20日

ムササビの巣箱をかけました!

こんにちは!井上(タップ)です。

 

3月18日 学園の林にムササビの巣箱を2台設置しました!

巣箱取り付け1.jpg 巣箱取り付け2.jpg

1台(2番)は炊事場から見えるところへ。

20200320_120905.jpg

もう1台(3番)は第二キャンプファイアー場から見える位置に設置しました。

20200320_121055.jpg

 

あともう1台(1番)、前から置いている1番の巣箱にはもうムササビさんが住んでいるのですが、

なんだか巣箱がどんどんと斜めに傾いてきたので、まっすぐに直してあげました。

20200320_120846.jpg

少しかわいそうな気もしますが、巣箱をトントンしてお昼寝中の家主のムササビさんに少しの間、お家から出てもらいました。

 

もそもそ…

ムササビ1.jpg ムササビ2.jpg ムササビ3.jpg

sign03

寝ぼけていたのか、カメラマンのびっきーの頭上スレスレを飛んで巣箱から隣の木に飛び移りました!

そこからアッという間に木のてっぺんまで登って、遠くへ滑空していきました。

ムササビは、前足と後ろ足の間の大きな皮膜をひろげて木々の間を滑空することが出来ますが、

鳥やコウモリのようにパタパタと羽ばたいて飛行することは出来ません。

 

ムササビ4.jpg ムササビ5.jpg

図鑑や話には聞いたことがありましたが、実際にムササビの滑空する姿は、迫力もあり優雅に見えました。

起こしちゃって、ごめんね~また戻ってきてねbearing

(この二日後に、巣箱にムササビさんが帰ってきているところを確認することが出来ました!delicious

 

 

無事に3台の巣箱を設置することが出来ました。

今後どの巣箱にもムササビが入ってくれたら、ムササビの観察会も出来ると思います!

 

また、巣箱のそばにセンサーカメラも設置していて、そこで撮れた写真をこのブログで紹介したいと思います!

お楽しみに!happy01

 

井上(タップ)

2020年3月18日

東京オリンピック2020聖火リレーについてのお知らせ

こんにちは。

先日東京2020オリンピックの聖火ランナーが日光市を通過することをお知らせしましたが、

新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、

東京オリンピックパラリンピック組織委員会から、沿道での応援自粛を求める発表されました。

 

また、オリンピック聖火リレーに伴う交通規制の情報も発表されました。

日光市は3月30日15:10頃~16:40頃まで交通規制がされる予定です。

 

http://www.tochigi2020-tsunagu.jp/assets/files/trafficcontrol/day2/2-6_nikkko.pdf

より詳しい情報は上記リンクからご覧いただけます。

 

 

春の訪れ、開花宣言

みなさん、こんにちわ。

南斉(ちゃい)です。

 

1週間前にブログで『春の嵐』についてふれました。

春の訪れかと思いきや、3日前には日光では雪が積もりました。

ここ1週間は天気の移り変わりがはげしかったです。

私自身、春・雪と書いていると不思議な気分になってきます。

今後、関東では暖かい日が続くそうなので、今度こそ春の訪れと思いたいですね。

 

そして、関東で雪やみぞれが観測された3月14日。

東京ではサクラの開花宣言がありました。観測史上、最も早いそうです。

日光のサクラの開花は来週以降になりそうですが、皆さんにとっての春の訪れは何でしょうか?

やはり、サクラの開花宣言が一つの目安になるのでしょうか。

 

なので、サクラの開花宣言にあやかって、学園の開花宣言をしたいと思います。

P3174147.JPG

学園の開花、第1号『タネツケバナ』です。

道端に自生している、いわゆる雑草になりますが、白く小さな花が可愛らしいですね。

これからも開花宣言をどんどん行っていきたいと思いますので、

皆さんも自分の中の春の訪れを決めてみるのも面白いかもしれませんね。

 

日光林間学園 南斉(ちゃい)

2020年3月15日

雪持ち 春を待つ

こんにちは!井上(タップ)です。

 

今朝は快晴で、昨日降り積もった雪が朝日に照らされ、真っ白に輝いておりました。

20200315_084354.jpg 20200315_084412.jpg

20200315_083520.jpg

 

その中でもとくに私の目に留まったのは、雪をのせたヤマツツジの蕾でした。

20200315_083554.jpg 20200315_083543.jpg

このような植物に雪が降り積もった様子は「雪持」と呼ばれ、

雪持柳、雪持松、雪持椿というように歌舞伎の衣装の模様としても用いられています。

雪をのせた枝木のしなやかさ。

じっと雪の重みを感じながら、春の芽吹きを待つヤマツツジの生命力に心打たれました。

 

日に日に日光市も暖かくなってきてはいますが、まだまだ明け方は冷え込みます。

(今朝6時の気温は-1.5℃でした。)

林間学園にお越しの際には、暖かい服装でお越しください。

 

井上(タップ)

2020年3月13日

東京2020オリンピック聖火リレー

 

こんにちは!井上(タップ)です。

 

2020年3月30日に東京2020オリンピックの聖火ランナーが

日光を通過することになりました!

 

日光二荒山神社を出発し、日光東照宮、日光山輪王寺を通過し、東武日光駅前広場までのルートになります。

出発地の日光二荒山神社において、成果の出発を祝うイベント、ミニセレブレーションも行われる予定です。

 

 

また、聖火ランナー通過当日は、交通規制が予想されます。

詳しい情報が分かり次第、林間学園ホームページでお伝えさせていただきます。

 

http://www.tochigi2020-tsunagu.jp/route/day2-6/

より詳しい情報は、上記ホームページにてご覧いただけます。

 

 

井上(タップ)

アイテム

  • P4044163.JPG
  • P4044166.JPG
  • P4044169.JPG
  • P4024161.JPG
  • 20200329_131940.jpg
  • 20200329_090736.jpg
  • 20200329_090434.jpg
  • 20200329_091135.jpg
  • 20200329_091445.jpg
  • スクリーンショット (18).jpg