2013年10月アーカイブ

2013年10月31日

紅葉前線が南下中

奥日光から始まった紅葉前線が

学園付近まで下りてきました。

IMG_20131031_110956.jpg

 

今(10月31日)は、いろは坂が見頃を迎えています。

今年の紅葉は

9月、10月に台風の影響で葉っぱが傷ついたり、落ちてしまったりしたため

例年のような華やかさはないそうです。

それでも、緑で覆われていた木々が赤く、紅く、色づいている姿は

四季の移ろいを感じます。

IMG_20131031_111016.jpg

秋晴れの青空と紅葉のコントラストを堪能しに来てください。

IMG_20131031_110918.jpg

 

日光東照宮や神橋付近の見頃はこれからです。

11月一週目までは十分に紅葉を楽しむことが出来ます。

IMG_20131031_110901.jpg

 

 

2013年10月30日

環境教育ワークショップ 葛飾区内で開催

葛飾区内で行う体験活動ワークショップの第3弾、

「感じるコツを学ぶ環境教育ワークショップ」のご案内です。

 

学校の授業や移動教室・イベント等で活用できる体験型ゲームをご紹介します。

動物や植物の特徴を用いた体験型ゲームで生態系について学ぶ環境教育プログラムを体験します。

児童生徒や子ども達や環境に対する人間のかかわりを考え、

環境に負荷をかけるのが人間であることを認識し、

その上で、どのような行動をとればよいかを楽しい体験を通じて学ぶツールが体験型ゲームです。

まずは、参加者自身がゲームを体験してもらうことに重点を置きつつ、

「促進者(ファシリテーター)」のイロハに触れることで、

「こんな伝え方や進め方もいいかもしれない」と感じてもらえたら嬉しいです。

 

a1130_000294.jpg

 

【実施概要】

●日時:2013年11月5日(火) 18:30~21:00

●会場:かつしかシンフォニーヒルズ 別館2F メヌエット (葛飾区立石)

●講師:佐藤繁一氏(NPO法人国際自然大学校事務局長 プロジェクトワイルドファシリテーター)

    環境系の専門学校でフィールドインストラクター、専任講師を経て現職へ。  

    小学生対象の昆虫博士キャンプから大人を対象にした自然体験活動の研修会の講師など幅広く活動。

●対象:教員、教育団体指導者、教員志望の学生など教育関係者等 20名

●会費:2,000円

●申込:電話もしくはメールにて下記の内容をご連絡ください。

    ①お名前 ②住所 ③連絡先 ④所属

●主催:葛飾区立日光林間学園  (担当:金井)

  〒321-1435 栃木県日光市花石町2067-1

    TEL 0288-54-0728  FAX 0288-53-4222

    E-mail:katushika-nikkorinkan@tokyu-com.co.jp 

 

 

 

 

2013年10月24日

日光の紅葉情報!

台風が近づいている影響で今日も少雨が降り続いている日光林間学園です。

 

雨の中ではありますが、奥日光の紅葉が見ごろを迎えています。

 

1382589861_4389[1].jpg

昨日の中禅寺湖の写真です。

 

日光林間学園も上の方から徐々に色づきはじめました。

 

burogu.JPG

 

日光林間学園周辺は、まだまだこれから色づく葉が多いです。

 

台風で飛ばされず、今年もきれいな紅葉を見せてくれることを願うばかりです。

 

 

 

2013年10月17日

日光連山が雪化粧

台風一過の今日、

男体山山頂付近が白く雪化粧をしていました。

131017_nantai_hatukansetu.JPG

兎島から紅葉と冠雪の景色

131017_usagijima_kansetu.JPG

奥日光在住のネイチャーガイド・安倍さんより写真/情報提供していただきました。

2013日光そばまつり!!

秋の日光のイベントのご紹介!!

 

11月21日~24日に日光で行われる日光そばまつり!

日光市内はもちろん全国からそば職人が大結集!!

いろんなそばの味比べやそば打ち体験などが行われます。

 

日光林間学園から程近い日光だいや川公園でおこなわれます。

 

chirashi.pdf

 

詳しくは上のチラシをご覧ください。

 

そば好きのみなさん!日光林間学園に泊まって全国のおいしいおそばをご賞味ください!!

 

2013年10月14日

環境教育ワークショップのご案内

葛飾区内で行う体験活動ワークショップの第3弾、

「感じるコツを学ぶ環境教育ワークショップ」のご案内です。

 

学校の授業や移動教室・イベント等で活用できる体験型ゲームをご紹介します。

動物や植物の特徴を用いた体験型ゲームで生態系について学ぶ環境教育プログラムを体験します。

児童生徒や子ども達や環境に対する人間のかかわりを考え、

環境に負荷をかけるのが人間であることを認識し、

その上で、どのような行動をとればよいかを楽しい体験を通じて学ぶツールが体験型ゲームです。

まずは、参加者自身がゲームを体験してもらうことに重点を置きつつ、

「促進者(ファシリテーター)」のイロハに触れることで、

「こんな伝え方や進め方もいいかもしれない」と感じてもらえたら嬉しいです。

 

【実施概要】

●日時:2013年11月5日(火) 18:30~21:00

●会場:かつしかシンフォニーヒルズ 別館2F メヌエット (葛飾区立石)

●講師:佐藤繁一氏(NPO法人国際自然大学校事務局長 プロジェクトワイルドファシリテーター)

    環境系の専門学校でフィールドインストラクター、専任講師を経て現職へ。  

    小学生対象の昆虫博士キャンプから大人を対象にした自然体験活動の研修会の講師など幅広く活動。

●対象:教員、教育団体指導者、教員志望の学生など教育関係者等 20名

●会費:2,000円

●申込:電話もしくはメールにて下記の内容をご連絡ください。

    ①お名前 ②住所 ③連絡先 ④所属

●主催:葛飾区立日光林間学園  (担当:金井)

  〒321-1435 栃木県日光市花石町2067-1

    TEL 0288-54-0728  FAX 0288-53-4222

    E-mail:katushika-nikkorinkan@tokyu-com.co.jp

 

2013年10月10日

花石神社のお祭りに行ってきました!

日光林間学園のある日光市花石町!

先日9月28日に花石町の花石神社で行われたお祭りに学園スタッフもお邪魔してきました。

 

お祭りの準備のお手伝いです!

IMG_20130928_164229 (3).jpg

決して遊んでいるのではなく、チョコバナナにチョコスプレーをかける係をしています。

IMG_20130928_165621.jpg

 

夜は焼きそば、チョコバナナ、焼き鳥、ポップコーンやから揚げが振舞われ、たくさんの地域のみなさんが

神社に集まりました。

 

これからも地域のみなさんと協力し、日光林間学園のある花石町を盛り上げていけるようにがんばります!!

2013年10月 9日

地域からの情報提供「手品教室」のご案内

葛飾区レクリエーション協議会さんより

情報をお寄せいただきましたのでご案内させていただきます。

 

「手軽にできる手品教室」

●開催日時:平成25年11月9日(土) 午後1時30分~4時

●開催場所:柴又学び交流館(東京都葛飾区)

●講師:中能 孝則氏(ひの社会教育センター 館長)

●参加費:2,000円(保険台、材料費込)

●対象者:地域活動や興味のある方

●締め切り:11月1日(金)

●問合せ:葛飾区レクリエーション協議会 事務局

       TEL&FAX:03-3659-6413

       http://katsureku.bob.buttobi.net/

●主催:葛飾区レクリエーション協議会

2013年10月 4日

小さい秋みつけた

日光はここ数日で朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。

 

そんな中、日光林間学園では小さな秋が足元にたくさん。

donngiri.jpg

「どんぐり」が野外炊事場、キャンプファイヤー場の周辺にたくさん落ちています。

 

日光林間学園内の木々も上の方から色づきはじめています。

さまざまな色を見せてくれる自然がもっとも美しく見えるといわれている秋。

 

学園にご来園の際はぜひ「秋」を探して見てくださいね!!

 

2013年10月 2日

「かかわるコツを学ぶ仲間作りワークショップ」実施報告

教育関係者向けの体験活動の研修会の第2弾。

「かかわるコツを学ぶ仲間作りワークショップ」を10月1日に実施いたしました。

今回のワークショップのゴールは以下の2点でした。

①学校や地域での子ども達の活動で活かせる「仲間作り」のゲームを体験すること。

②そのゲームを進行する促進者(ファシリテーター)のイロハを学ぶこと。

 

講師の野口氏による進行で自己紹介からスタート。

カードをつかって、今の自分の気持ちを表現しました。

IMG_20131001_190320.jpg

 

最初のゲームは、ケースの中にある紙の形を1枚の紙から作り出すこと。

IMG_20131001_185013.jpg

この紙です↓↓↓

IMG_20131001_184951.jpg

この紙からワークショップがスタートしました。

このゲームは一人で行うところがポイントです。

時間の経過とともに、「あっ!」というひらめきの声とともに「謎解き」に成功した人が増えていきます。

残された人は焦りとの葛藤・・・でも最後にはなんとか成功。

発想の転換と出来た時の喜びがキーワードです。

 

続いて、プラスチックの竹トンボを使ったゲーム。

一人で竹トンボを飛ばす。二人で竹トンボキャッチボール。全員で竹トンボ入れ。

というように、かかわる度合いを増やしていくことで、

楽しみや喜びも増えていくことを体験しました。

 

半開きの筒状のものでスーパーボールを転がしながら、

A地点からB地点へ運ぶ「パイプライン」。

途中のカーブと最後の弾力に苦しめられ、何度もチャレンジしました。

IMG_20131001_194314.jpg

 

ゲームが終了し、ふりかえり(分かち合い)をしている時の野口氏の話。

「みなさんが何度もチャレンジしている間、私は何をやっていたましたか?」

ここが進行役(ファシリテーター)のかかわり方。

★ひたすら待つ。

★そこで起こっていることを良く見る。

★ルールのジャッジjはするけれども、答えを教えたり、指示は出さない。

それは、

●参加者が自分たちで解決する力を引き出すため。

●自分たちで解決したからこそ達成感が得られるため。

そんなお話をされました。

 

最後は、言葉がかかれたカードで振り返り(分かち合い)をしました。

IMG_20131001_202553.jpg

 

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

それぞれの「現場」で今回の体験を活かしていただけたら嬉しいです。

IMG_20131001_203320.jpg

 

 

★参考情報★

このワークショップでのキーワード。

・小さな成功体験

・道具に頼る

・難易度設定

・1人→2人→全員

・待つ

・見る

・見える、聞こえる、感じる

 

ワークショップの中でも話題になった道具達。

IMG_20131001_193018.jpg

表情カード  http://www.saccess55.co.jp/kobetu/detail/hyoujou_card.html

フルバリューカード、プラトンボ、パイプライン http://www.pajapan.com/relatedwork/relatedwork_02_02.php

ドレミパイプ   http://shop.recreation.jp/item_list.php?subcategori=137

 

講師紹介

野口透氏 

NPO法人国際自然大学校 (http://www.nots.gr.jp/)に30年在籍。

現在は、川崎市立黒川野外活動センターhttp://www.kurokawa-yagai.com/のセンター長として活躍。

 

 

次回のワークショップは、

11月5日(火) 「感じるコツを学ぶ環境教育ワークショップ」です。

ぜひ、ご参加ください。

 

 

カテゴリ

  • 今日の林間学園

このアーカイブについて

このページには、2013年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年9月です。

次のアーカイブは2013年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。