2015年5月アーカイブ

2015年5月30日

お手紙ありがとうございます。

葛飾区の小学校の移動教室が行われています。学園で二泊三日の生活を送り、三日目の朝には発ってしまいます。そんな中で、フロント宛と調理場宛の素敵なお手紙を二通頂きました!

DSC_0983.JPG 【フロント宛のお手紙】

DSC_0981.JPG DSC_0979.JPG

表と裏には三猿にバラの、可愛い絵も!調理場宛には、東照宮の「鳴龍」と竹が描かれていました。読んでいると笑顔になってしまう、そんな嬉しいお手紙です。

DSC_0973.JPG 【調理場宛のお手紙】

DSC_0975.JPG DSC_0976.JPG

二泊三日のスケジュールは学校によって違いますが、華厳の滝や戦場ヶ原で見る自然。東照宮や足尾銅山で学ぶ歴史。日光木彫りや益子焼などの体験。そして、学園での飯盒炊爨やキャンプファイヤーに友達との生活と、びっしり詰まった濃い三日間です。その忙しい中でこのお手紙を書いてくれた事に驚きと嬉しさがありました。

心温まるお手紙をありがとうございました!スタッフ一同、このお手紙を励みにして、皆さんの思い出作りのサポートを行って参ります。また会えるのを楽しみにしていますね!お手紙は二階食堂前に飾らせて頂きます!

(棟方)

2015年5月28日

一本の木から

学園の入り口から右手に咲いている花が、今とても綺麗です。「あの綺麗な花は何て言う花ですか?」と聞かれたので改めて見に行きました。薄ピンクの花が咲いており、地面には散った花びらが広がっています。

 DSC_0938.JPGのサムネール画像 DSC_0940.JPGのサムネール画像

咲いている花、これから咲く蕾、花びらが散った後・・・それぞれ違った顔を見せてくれています。

DSC_0942.JPG DSC_0944.JPG

何の花かを調べるのにも、ヒントが必要です。枝を見ると、棘を発見。小さな葉がたくさんついています。葉がサンショウに似ている事から名づけられた「サンショウバラ」かと思います。棘がある植物の代表とも言える「バラ」の仲間です。

DSC_0946.JPGのサムネール画像 DSC_0958.JPGのサムネール画像

観察を続けていると、せわしなく飛び回る音が聞こえました。ハナバチが花から花へと、転げまわっています。ハチの後姿ですが、脚にはびっしりと花粉がついています。こんなに体につけて重くないのでしょうか?

DSC_0936.JPG

更に見ていると、木のあちこちで小さな泡を発見。これ、何だかご存知でしょうか?

DSC_0947.JPG DSC_0948.JPG

ちょっとだけ姿を見せてもらいました。アワフキムシの幼虫です。カメムシの仲間で、成虫はセミを小さくしたような姿をしています。幼虫の時はこんなにおしりの色が鮮やかですが、成虫はちょっと地味な印象です。因みにこの泡、10分もかからずにまた作ってしまう家ですが、雨にも乾燥にも強い優れもの!

DSC_0957.JPG

木の前に行ってからは、数歩しか動いていませんが、発見と出会いがありました。是非、少しの時間でも「観察タイム」を作ってみてはいかがでしょうか?きっと発見と出会いが待っています!

(棟方)

2015年5月26日

寂光の滝

学園周辺のおすすめスポットに行って来たので、ご紹介したいと思います。

日光には名を轟かす滝が多くあります。「日光三名瀑」と呼ばれる、華厳の滝、竜頭の滝、湯滝をはじめとし、多くの滝が存在します。その中の1つである、『寂光の滝』は、日光林間学園から車で、なんと!5分で行くことができます!!

DSC_0870.JPG

駐車場から見える景色です。鳥居をくぐって杉林を進んでいくと、3分程で若子神社みえてきました。すると、神社の左手に滝が見えてきます。手前には寂光の滝のことが記されていました。滝まであっという間に着きました。五分もかからずに滝に到着です。

DSC_0871.JPGのサムネール画像 DSC_0874.JPGのサムネール画像

高さ50メートル、幅6メートル。着いた瞬間に、ふわーっと涼しい風が迎えてくれました。日差しも強く、26℃の暑さから一気に解放されたような気持ちよさ!新緑の木々たちが太陽を遮ってくれているのもあります。大きな岩があるので腰を掛けると、いいお昼寝スポットに思えてきました。今日は私以外は誰もいなかったので、ラッキーなことに滝を独り占めしてきました!

DSC_0873.JPGのサムネール画像

日光の観光地を一通り回ったという方、葛飾林間学園をいつもご利用くださっている方。是非、寂光の滝にも足を運んでみてください。暑い夏にはぴったりだと思います!

 

因みに、ここは女峰山の登山口でもあるそうですよ。今後も、学園の周りのおすすめスポットをご紹介していきたいと思います。

(棟方)

 

2015年5月23日

もしかすると・・・

こんなものを発見しました。誰の食べた痕でしょうか?

食痕.JPG

何かの幼虫かと思ったのですが、"空飛ぶ座布団”と呼ばれる『ムササビ』ではないか、という声が上がりました。実は去年、学園のあるお部屋の室外機の下で、丸くなって寝ているのが確認されています。

 

ムササビの食べ方は、片手で葉を掴み、半分の折りたたんでガブっといくそうです!ですから、左右対称の食痕が残るそうです。また、食べ残しが多いとか。この葉っぱも、食べ残しなのでしょうか?

 

先日、ある学校の校長先生がキャンプファイヤー中に「木から木へと、飛んでいく何かを見た!」という証言を頂きました!!「最初は大きな葉っぱかと思った」とも・・・。第一ファイヤー場での出来事です。今後注目していきたいと思います!

目撃情報はフロントまで!お待ちしております。

(棟方)

 

2015年5月20日

だーれだ?

木々の若葉が日に照らされて、きらきらと光っているのがとても綺麗です。緑に深みが増すと同時に、池の中も賑わいを見せてくれています。今日は『影』に注目してみました。池の底に映る影で誰かを当てみてください。シルエット問題です!

 

さて!この子は誰でしょうか?

_DSC0782.JPG

・・・・・・簡単すぎでしょうか?特徴的なシルエットですぐ分かりますね、オタマジャクシです。離れて見てみると1匹なのに、影も含めて2匹とカウントしてしまいそうです。

 

左の写真は花、右の写真は水面に広がった波紋の影。底でゆらゆらと動く影をみていると、穏やかな気分になります。何気なく水面に浮かんでいる木の枝も、影で見てみると、ちょっぴり芸術的に。

_DSC0784.JPGのサムネール画像のサムネール画像 _DSC0788.JPGのサムネール画像

難易度が上がります!これは誰でしょう??

_DSC0786.JPG

私も見た時に、「なんだ!?だれだ!?」と頭をひねりました。丸が6つに、細い棒が1つ・・・・・。イラストで描かれるようなトンボにも見えませんか?

 

正解は・・・・

 

あめんぼ.jpg

アメンボでした!影で見た6つの丸は、水面に立った6本の手足の影!手足の毛と油で得た表面張力で浮いていますが、アメンボの重さの分だけ水面がへこんで、丸くなっていますよね!

 

アメンボはよく見ると、カメムシの仲間なだけあって、キリリとかっこいいです。影からは想像できない姿でした。雨上がりは水が濁っていますが、晴れた日に池の底を眺めてみるのはオススメです!

(棟方)

 

 

 

 

2015年5月18日

5月中旬の花たち

半袖でも暑く感じる日が続いており、夏の兆しを感じております。気温の上昇に伴って、満開を迎えている花たちをご紹介します。

_DSC0709.JPG _DSC0713.JPG

学園の正面入り口からまっすぐ進んで左手に、フジが咲いています。「ミ」の字のように左巻きにツルを巻く『ノダフジ』です。このように満開になるのは数年ぶりだそうです!!横にある木にも巻きついており、高い位置でも咲いているので、上も見上げてみてください。

_DSC0796.JPGのサムネール画像 _DSC0643.JPGのサムネール画像

湿地に咲く『クリンソウ』です。鮮やかなピンクと、白の2色が楽しめます!池の周りに咲いていますよ!

_DSC0771.JPGのサムネール画像 _DSC0663.JPGのサムネール画像のサムネール画像

オオデマリ、別名『テマリバナ』園芸種です。遠くから見ると、その名の通り、木の枝に丸い手毬がたくさんついているようです。また、英名には「ジャパニーズ スノーボール」という名がつけられております。手毬に雪だま・・・どちらも可愛らしいですね!

 

この綺麗に咲いた花たちが、毎年同じように満開になるとは限りません。是非、学園へお散歩にいらしてください!

(棟方)

2015年5月14日

引越しのお願い

野外炊事場に新たな住人をみつけました。

 

「スズメバチだー!」という声を聞きましたが、キアシナガバチの女王蜂です。一見、キイロスズメバチと似ていますが、飛び方や顔やシルエットが異なります。最も大きな違いとしては、アシナガバチの種類は、このようなおわん型の巣を作るという事でしょうか。

_DSC0704.JPG

この時期の女王蜂はとても忙しく、働き者です。巣を作って、卵を生み、育て上げるところまでたった1人でこなします。1つ1つの六角形の部屋に、1つずつ卵が産み付けられていました。後に、働き蜂として活躍する娘たちへと成長を遂げます。

_DSC0703.JPG

おとなしい性格で、益虫とも言われているアシナガバチです。シュッとした細身の体、黄色と黒の鮮やかな背中がカッコイイですね!

 

とはいえ、野外炊事場は子供たちが飯盒炊爨をする場所です。作ったばかりの家ですが、引越しのお願いをした上で、撤去させていただきました。申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、林道よりも奥でお願いしたいと思います。

 

(棟方)

2015年5月12日

思い出の1コマ

移動j教室にはたくさんのイベントが、ぎっしり詰まっています。その中の一つが『肝試し』です。外で林道を使う肝試しもありますが、館内で行う肝試しもなかなか怖いです!今日は室内で行われました。

 

児童もわくわくし・どきどきしていますが、先生方のわくわくの中には、『本気』を感じました!コースの下見をした上で、学園が貸し出しをしている肝試しグッズを駆使し、即席で怖い道案内がセットされていました!おばけ役が配置され、児童たちを待ち伏せる時間は、先生方にもわくわく・そわそわがあります。

_DSC0685.JPG_DSC0684.JPG


 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

非常階段の電気が点いているので、真っ暗になる場所はないのです

が、先生方のコーディネートにより、とても怖いコースでした!

特に、食堂の捕虫灯は青白く光るので、照らされたマネキンは一層迫力を増していました。更に、肝試し用のBGMによって恐怖心が高まりようでした。

_DSC0681.JPG

いざ始まると、「キャー」という悲鳴があちこちから聞こえ、誰が先頭を行くかの話し合いも行われていました。肝試しを共にしたグループからは、団結している様子で、みんなで励ましあっている素敵な風景がありました。

_DSC0686.JPG

先生と児童、どちらも楽しめる素敵なイベントでした。きっと、忘れない思い出の1つになったのではないでしょうか。

(棟方)

 

2015年5月 9日

メンテナンスDAY

今日は、フロント・清掃スタッフ合わせて、学園のメンテナンス実施日でした。山には霧がかかり、天気は久しぶりの雨です。

_DSC0645.JPG

林道の掃除・枝打ちと、運動場の草刈を行いました。来週から移動教室が始まり、多くの学校が、ナイトハイクや肝試しに林道を利用される予定です。快適にプログラムが行えるよう、安全に楽しく過ごしていただけるのを願いながら、スタッフ一同メンテナンスして参ります。

_DSC0656.JPG _DSC0627.JPG

 

 

image1.JPG

Before↑

_DSC0658.JPG

After↑

 

側溝も綺麗になりました!

 

カマやハサミ、クワや草刈機を使って、草との戦いが繰り広げられましたが、手ごわいですね。根がびっしり張っていて、振り下ろしたクワを、なかなか上げられませんでした。見渡すと、ほんの一部しか終わっていないにも関わらず、手のマメと腰の痛みが・・・。

草の根の強さを、身にしみて感じることができました。根気よく頑張ります!

(棟方)

2015年5月 6日

キッズコーナがリニューアル!!

GWからキッズコーナーが新しくなりました!

_DSC0581.JPG

マットが敷かれ、滑り台や、ヒヨコの輪投げが仲間入りです!GWは多くの子供たちが、キッズコーナーで楽しく遊んでくれました。

_DSC0583.JPG_DSC0589.JPG


 

場所は中央階段を上がって2階、図書コーナーとなり。是非ご利用ください。

_DSC0598.JPG

『おねがい』

①キッズコーナーにはおうちの人と一緒にきましょう。 

②あそんだものはもとの場所にかたづけましょう。

こちらを「おねがい」として掲示してますので、よろしくお願い致します。

_DSC0595.JPG

(棟方)

 

2015年5月 5日

おちょぼ口

GWはの学園は多くの方にお越しいただき、賑わっております。雨がちらつく日もありましたが、爽やかな快晴が続き、充実した連休を過ごせた方が多いのではないでしょうか?学園の近くには東照宮もあるので、長い渋滞の日々でした・・・。渋滞は、いつもは素通りしている風景をじっくり見るチャンス!とはいえ、明日の最終日、渋滞なくスムーズにご帰宅されるのを願っています。

 

さて、最近の池は、橋の入り口にピンクのアーケード。

_DSC0553.JPG

すっかり大きく成長したオタマジャクシたちです。木についた藻を、みんなで食べているところです。食べ盛りなので、それはもう凄い勢いで、食べ続けていますよ!木が隠れるほど群がっておりますが、オタマジャクシの小さな口では、食べ物がなくなることはなさそうです。

_DSC0494.JPG

『オタマジャクシの口』を見たことがありますか?

 

『カエルの口』は、大きな口でエサに食らいつく様子が、知られているのではないでしょうか。カエルの食事は「飲み込む」のですが、オタマジャクシの食事は「削りとる」です。実は、オタマジャクシは、微小な歯を持っています!

_DSC0489.JPG

ご覧ください!この小さなおちょぼ口!

 

では、カエルのような大きな口には、いつなるのか?

口の大きさも体の成長と同じく、大きくなっています。この口の大きさになると、次の目に見える変化は「脚が生える」です!脚や手が生え揃う頃ころには、口も今より大きくなり、カエルへと姿を変えていきます。楽しみですね。

 

更に、池の住人は増え続けています!先週から、コロッコロッ、カラッカラッと乾いた鳴き声が聞こえはじめました。まだ会えていませんが、泡の卵を産む、『モリアオガエル』の声が、日に日に増えています。ヤゴやアメンボといった昆虫類の数も増えてきました。

今、夜の散歩にいくと、『ヤマアカガエル』と『モリアオガエル』の2種の合唱がきけますよ!おすすめは20時以降です。忍び足で橋を渡ってみると、合唱に包まれているようで、癒されます!その際は、danger暗いので足元をライトで照らして行ってください。

(棟方)

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、2015年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年4月です。

次のアーカイブは2015年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。