2015年10月アーカイブ

2015年10月31日

蜂にご注意ください

スズメバチが一年で一番活発になるのは、繁殖期の秋です。数の多さや巣の大きさもピークを迎えます。

学園の裏に大きなスズメバチの巣ができており、巣のある高さからすぐに駆除できないので、一部を立ち入り禁止とさせていただきます。

裏門側.JPG

テープを張りましたが、万が一に備え近づかないようお願い致します。裏門から第一キャンプファイヤー場に抜ける道です。

ファイヤー場側.JPG

巣.JPG 立入禁止.JPG

15℃を下回ると、蜂の活動も終わりを迎え始めるようです。本日は最高気温が15℃でした。この巣は来年も引き続き使われるものではありませんので、冬が来るのを待ちたいと思います。

くれぐれも蜂や蜂の巣に悪戯をしないように、ご協力お願いします。

(棟方)

2015年10月30日

居残り組?

今日は朝から良いお天気で、学園内の風景と山々がとても綺麗に染まってきました。日差しは暖かでも風が冷たく、ゆっくりと紅葉を眺めるには、風を遮る上着が必須です。

DSC_1008.JPG

池の周りでは木からは葉が落ち、草も枯れ始めて少し寂しさも感じます。トンボや蝶といった秋も飛んでいた虫たちも、ここ一週間ですっかり見かけなくなりました。

DSC_1006.JPG

池の水を触ってみるとヒヤッと冷たく、ずっと手を入れていられない程です。そんな池の中には、夏に産まれたモリアオガエルのオタマジャクシが泳いでいました。水温の低さも影響してか、未だにオタマジャクシのままです。

DSC_1000.JPG DSC_1004.JPG

他の種類には越冬するオタマジャクシもいますが、この種類で越冬すると聞いたことがありません。日光の寒い冬が訪れる前に、どうか手と足を得て上陸して欲しいです!焦らず着実に!

(棟方)

2015年10月29日

「みんなの林間学園まつり」開催します!

日頃お世話になっている近隣の皆様や、前日ご宿泊いただいた皆様を対象に、第一回「みんなの学園まつり」を開催します!

存在は知っていても足を踏み入れた事がない方・・・

通学路に使っているけど、どんな所が知らない方・・・

施設を知らなかった方・・・

是非、この機会に遊びにきてください!

 

花石町の和太鼓・お囃子の演奏!

林間学園の広い大浴場が無料開放!(タオルはご持参ください)

焼きマシュマロやドラム缶ピザやキャンプファイヤーといった『火』を使った体験。

その他にもクラフト体験や森の中のウォークラリー、『かつしかいきものトランプ体験会と盛りだくさんです!!

みんなの林間学園まつり表.pdf 

みんなの林間学園まつり裏.pdf

詳細はブログにて発信します!

(棟方)

 

2015年10月26日

霧降の滝 紅葉情報

奥日光の紅葉も終わりを迎え始めたようですが、標高の下がった霧降では見頃です。

DSC_0935.JPG

「カエデ」には多くの種類があり、日光にでは10種類以上のカエデが見られるそうです。1つの種類でも日当たりなどによって、紅葉の進み具合が異なります。緑から黄色、黄色から赤へと移り変わり、落ちて茶色がかるのも、また美しいです。

DSC_0915.JPG DSC_0912.JPG 

形や色が全く同じものは1つもなく、1枚1枚の葉がそれぞれ綺麗。合わせて見るともっと綺麗で、癒しをもたらでてくれていました。

DSC_0926.JPG

霧降の滝も紅葉が進んでいます。まだ楽しめそうなので、是非足をお運びください。寒さ対策と歩きやすい靴でお越しください!

(棟方)

2015年10月18日

角つながり

夜歩いていると、のそのそとゆっくり歩く小さな虫を見つけました。

DSC_0672.JPG

明るいところでよく見て見ると、頭のてっぺんには上に向けて尖った角!背中(前胸)にも4つの尖った角が並んでおり、まるで王冠です!指にちょこんと乗る可愛いサイズですが、かっこよさはカブトムシと良い勝負ではないでしょうか。

DSC_0679.JPG DSC_0668.JPG

頭にある1本、背中の4本、合わせて5本の角を持っている「ゴホンダイコクコガネ」です。大型の哺乳類の糞に集まるコガネムシです。学園内はシカの糞もあちこちで見られるので、見つけやすいかもしれません。

DSC_0655.JPG

翌日、気がつくとシカのオスに見つめられていました。よく見かけるのは角を持たないメスですが、この日出会ったのは小さな角を持ったオスでした。

DSC_0645.JPG

シカの角は枝分かれしている数が生きている年数です。このシカは1歳でしょうか。

 

体は小さいけれど大きく尖った角を持つゴホンダイコクコガネ。体のわりにはまだ小さい角のニホンジカ。どちらの角もそれぞれ素敵です!

(棟方)

2015年10月15日

ひっつき戦略

「ひっつき虫」という言葉を聞くと、どんなものを思い浮かべるでしょうか。

学園内を歩いて、ふと気づくと、着ていたフリースやズボンに赤い種のようなものが付いていました。

DSC_0584.JPG DSC_0589.JPG

「ひっつき虫」と言っても虫ではなく、動物や人にくっついて、種を遠くまで運んでもらう植物の計画的な作戦です。

この赤いひっつき虫は、ピョンと伸びた先がふたつに分かれており、更にくるっとU字に丸まっています。これがフックのようにひっかかっていました。

一説では上から見ると赤くて、下から見ると白いことから『ミズヒキ(水引)』という名がついたようです。紅白で縁起がいいですね。

DSC_0590.JPG DSC_0596.JPG

ひっつき方もたくさんあり、トゲトゲしたものやネバネバしたものもあります。植物が生息場所を広げるため、子孫を残すための知恵は様々で「頭いいー!!」と感心させられるものばかり!風にのって飛んだり、動物に食べさせて糞として排出させたり、虫に運ばせたり・・・。一層興味が広がる世界です。

(棟方)

2015年10月10日

学園の爬虫類

太陽が出るとヒョコッと出てくるニホンカナヘビです。

DSC_0555.JPG

両生類のカエルや、哺乳類のシカにはない、このキリッとした顔。体を覆うウロコは、見た目は光沢がなくザラザラしているように見えますが、それ程ではないので、触って確かめててはいかがでしょうか。よく似た容姿のニホントカゲは、ウロコに光沢があります。

DSC_0551.JPG DSC_0557.JPG

よく見かけるのは、石垣で日光浴をしているところです。太陽が出ると、体を温めるために出てきます。人間が近づくと石の隙間に入って隠れてしまいます。見つけたらそ~っと近づいてみてください。

DSC_0575.JPG DSC_0576.JPG

学園内の爬虫類は他にも、ヘビがいます。数種類いるなかでも、この首の黄色い輪、オレンジと黒の模様が特徴的なヤマカガシもいます。毒をもった種類ですが、人間を怖がって逃げていくので、見つけたらいたずらしないであげてください。

DSC_1122.JPG

学園スタッフもヘビにはなかなか出会いません。好きでも嫌いでも、出会えると何だかラッキーに感じる爬虫類です!ヘビは踏まないようにだけ気をつけてください。

(棟方)

2015年10月 8日

風に吹かれて登場

今日は風が強く、室内にいてもビュービューと外の風の音が聞こえてきていました。道はあっという間に落ち葉だらけになりました。

DSC_0577.JPG

外を歩いていると、スギ林の中で栗を発見しました。敷地内ではなく、どこからか飛ばされてここまできたようでした。このトゲトゲ、油断して触ると本当に痛いですよね。動物たちに、簡単に割られて食べられないように、よく工夫されているものです。

DSC_0580.JPG DSC_0581.JPG

見ていると、風でコロコロとよく転がっていました。たくさんあるトゲトゲが、上手い具合に転がりやすくなっているよで感心してしまいました。ただ身を守るだけではないのかもしれません。転がってきたものが、食べられないで芽を出して、いつか大きな木になって欲しいと思います。

(棟方)

2015年10月 7日

お手紙ありがとうございます。

横浜市立さちが丘小学校の皆様からお手紙が届きました。

大雨による特別警報が出た時に移動教室で日光に訪れていました。外は凄い雨でしたが、学園内ではさちが丘小学校の皆様の明るく元気な声が響いていたのが、とても印象的でした。

DSC_0613.JPG DSC_0614.JPG

たくさんのお礼、ありがとうございました。

是非、今回行けなかったところへのリベンジとして、また遊びにきてください。お待ちしております。

(棟方)

 

 

2015年10月 1日

野鳥が観察しやすい季節に!

朝から青空が広がる良いお天気で、10月がスタートしました。日光の朝夕は、冬を感じさせるような冷え込みになってきました。

DSC_0431.JPG

シジュウカラが群れで木から木へと飛び回っていました。落ち葉が落ちた事により、鳥たちが葉に隠れることがなくなりました。可愛らしい姿を、遮るものなくじっくり観察できます。

DSC_0447.JPG

首からお腹にかけて“黒いネクタイ”がおしゃれなシジュウカラ。このネクタイの細さでオスとメスが分かるようです。左がメスで右がオス。オスのハッキリとした太いネクタイ、かっこいいですね!

DSC_0435.JPG DSC_0449.JPG

その他にも、たまに学園に遊びにくる、大きなアオサギ。池や広場で日中走っている、ハクセキレイ。ハクセキレイはもっと白黒はっきりしていたような・・・?この灰色の体は、冬羽でした。

DSC_0267.JPG DSC_0458.JPG

この3種は都市部でも見かける鳥たちです。名前だけならず、オスとメスの違い、夏と冬の羽の色の違いなど、少し踏み込んで見るとより面白いです。是非この秋冬は野鳥観察を!

(棟方)