2015年11月アーカイブ

2015年11月17日

みんなの学園まつり*詳細

『みんなの林間学園まつり』第一回開催します!

【日時】  11月29日(日) 10:00~15:00

【開催地】 葛飾区立日光林間学園

★日光市には葛飾区をはじめ、足立区、品川区、江戸川区等の林間学園があり、都心から毎年多くの子どもたちが日光を訪れます。林間学校という言葉自体にはなじみがあると思いますが、どんな場所か知っていますか?この学園まつりは地域の皆様に当施設を知って頂くことと、お世話になっている方への感謝の気持ちを込めて開催します。学園で実施している自然体験プログラムの体験コーナーもあります!ぜひ、家族そろって遊びに来てください。

※日光市在住以外の方も、もちろん参加OKです!

参加の予約等は必要ありません!(ドラム缶ピザは予約優先)

当日直接「林間学園まつり」の受付へお越しください。

 

学園まつりチラシ表.jpg 学園まつりチラシ裏.jpg

■ドラム缶でピザ作り

ドラム缶で焼き上げるピザを食べたことがありますか?どんな形のピザにするかは自由!オリジナルのピザを作って食べよう!※事前予約が必要です。詳細は下記をご覧ください。

■焼きマシュマロ

中はトロトロ、外はサクサクの焼きマシュマロ。先着100名様無料!

■花石町の和太鼓とお囃子

13:00から1階でご披露いただきます!

■お風呂が無料

広い大浴場を無料開放します!リンスインシャンプーとボディーソープは備え付けのものが御座います。タオルはご持参ください。

■食堂でランチ!

けんちん汁(100円)、フランクフルト(100円)、焼きそば(200円)

■森のウォークラリー

林間学園の敷地内にあるポイントを探して、景品ゲット!

■木のクラフト

木のキーホルダー(50円)、ぶんぶんごま(50円)

■真昼のキャンプファイヤー

大きな火を囲んで盛り上がろう!14:00スタート!

ピザ.JPG 大浴場.JPG

しおり.JPG 木クラフト.JPG

学園森.jpg P9220921_original.JPG

《お問い合わせ・ドラム缶ピザ申込み》

TEL:0288-54-0728

*ピザお申込みの方は以下2点をお伝えください。①ピザ枚数②参加人数 ★締切11月27日17:00まで

たくさんのご応募、ご来館お待ちしております!

当日は、日光いろは坂女子駅伝が開催されており、通行止めがあります。11:15~11:50に間は林間学園への道路が通行止めになりますのでご注意ください。 http://www.nikko-ekiden.org/

 

冬眠するために集合!

今月から港区の6年生が移動教室に訪れています。先日夜の森を歩く、ナイトハイクを行う学校がありました。夜の気温は5℃前後で冷え込みが増していますが、子どもたちの中には元気に半ズボンの子もいます。

池もルートに加えてナイトハイクを行いました。

夜池.JPG

池の中を懐中電灯で照らしてみると、意外にも様々な生き物と出会うことができます。数は減りましたが、まだ会えるマツモムシやオタマジャクシ、葉っぱを纏って動いているトビゲラの幼虫。

今季のおススメは、冬眠するために集まっている『カエル』です!

しゃがんでジーっと探してみると、じっとしてしているカエルを10匹ほど見つけることができました。

アカ①.JPG アカ②.JPG

子どもたちと「池の水に5秒手を入れてみよう!」とみんなで手を入れると、あまりの冷たさに一瞬で手をあげる子が多数でした。

「こんな冷たい水の中にいるカエルってすごい!」という声も。

これからこのカエル達は、土の中に潜って春まで冬眠します。雪解けすぐに産卵するヤマアカガエル、また数ヵ月後までおやすみなさい!まだ冬が来ていませんが、春を迎える楽しみがまた1つ増えますね!

(棟方)

2015年11月16日

雪あそび大冒険キャンプ 募集開始!

11月も中旬となり、今年も残すところわずかですね。今年の夏もキャンプで多くの子どもたちと出会い、あのたくさんの笑顔を思い出しては、良い年だったと振り返ります。

夏に続いて2016年の年明けに、雪あそびキャンプを開催します!

【日程】  1月9日(土)~11日(月・祝)

【対象】  小学1~4年生

【応募期間】 11月16日~12月4日まで 

冬キャン3.JPG

冬キャン2 (1).jpg

冬キャン2 (2).JPG

自然の中で雪に触れ合い、キャンプで仲間と出会える!一緒に冬休みの最高の思い出を作りましょう!

応募方法などの詳細はこちら  ⇒ 2015雪遊びキャンプ.pdf

ご応募お待ちしております!

(棟方)

2015年11月 9日

土までの道程

落ちているドングリの中に、芽を出し始めている子を見つけました。ドングリは落ちると割とすぐに頭のてっぺんから、こんな風に「にょきっ」と芽を出し、この芽を土へと伸ばしていき、まずは土の中で固定を目指すようです。

ドングリ②.JPG

もし、落ちた先に土がなかったら?

伸びてもコンクリートを破れません。

ドングリ①.JPG

「どんぐりコロコロ~」と歌がある程ですから、風にのってコロコロ転がって土まで辿り着けると安心ですね。

1つの木からたくさんドングリが落ちますが、学園ではリスやシカなどの哺乳類が食べ、鳥が食べ、虫が食べます。ドングリの中に卵を産んで育てる昆虫もいます。台風で青いまま落ちてしまったドングリもありました。

無事に芽を出すのは、今年は1つでもあるのでしょうか。この1つのドングリから、またたくさんのドングリを実らせる大きな木へと成長する事の素晴らしさを実感しますね。

(棟方)

2015年11月 8日

トチノキの冬芽

学園に1本だけあるトチノキは、全ての葉を落としきりました。手の平よりもずっと大きな葉は、丸まって地面を覆っています。まだまだ他の木々が紅葉している中で、冬支度への気合を感じる早さです。

トチノキ①.JPG トチノキ②.JPG

『冬芽』というのは秋に作られる芽の事であり、春まで成長と止めて越冬するものです。葉が大きいだけあって、他の冬芽よりもずっと大きく、キラキラしていてとても綺麗です。

トチノキ③.JPG

「わ~キレイ!」と思い、触ってみて驚きました!キラキラしていた冬芽はベタベタしており、指はうっすらと黄色の粘液が・・・。

調べてみると、この粘液のコーティングは乾燥を防ぐ、寒さを防ぐ役割があるとか・・・。なぜトチノキだけが?と疑問は残りますが、この時期辛い「寒さ」と「乾燥」対策を万全にして素晴らしいですね。潤いを逃がさないメンテナンス・・・お手入れを欠かさない女性の様ですね。

トチノキ⑤.JPG トチノキ④.JPG

このベタベタに運悪くくっついてしまう葉や虫もいるようです。冬を越えて、春に大きな葉を伸ばしてくれるのが今から楽しみです。

トチノキを見習い、早め早めの冬支度をすべきですね。靴、タイヤ交換、積雪に備えた道具など。今年はどんな冬になるでしょうか。

(棟方)