2017年2月アーカイブ

2017年2月26日

日光東照宮 陽明門が竣功します!

こんにちは!小野田です

 

2013年7月より修理工事を行っていた、日光東照宮の世界遺産「陽明門」が竣功し

今度の3月10日11時より竣功式が執り行われるとのことです。

その後はもちろん、真新しい陽明門を拝観できるでようになりますshine

前回の修理竣功が1973年とのことで、44年ぶりの輝きを取り戻した姿・・・見てみたいですねhappy01

*東照宮ホームページ*

 

あわせて「眠り猫」については修理完了

「三猿」についてはもう少し修理しているそうです。

 

まだまだ朝晩は寒いものの、日中は温かく過ごせるようになってきましたsun

この時期だからこそ、ゆっくり拝観することもできます。

ちなみに当学園から東照宮までは歩いても20分程、ちょっとした散策にもちょうどいい距離です。

ぜひ葛飾区立日光林間学園にお泊り頂き、東照宮参拝など、日光の自然・文化に触れる体験をお楽しみください。

※3/11(土)は現時点では、空室がございます!

 

<小野田(ビスコ)>

 

2017年2月22日

キスゲ平園地の雪景色

こんにちは!小野田です。

 

今日はちょっと霧降高原の「キスゲ平園地」まで出かけてきました。

日光市街地はもうだいぶ雪が解けていますが、さすが標高約1300mのキスゲ平園地はまだまだ雪景色でしたsnow

170222キスゲ平DSC_1027.JPG170222キスゲ平DSC_1030.JPG

ちょっと雲が多く、霞んでいましたが、大パノラマで遠くまで見渡すことができましたeye

170222キスゲ平DSC_1028.JPG170222キスゲ平DSC_1029.JPG

そしてお昼はレストランで、名物の「とちぎ霧降高原牛カレー」(\1,000)をいただきました。

170222キスゲ平DSC_1024.JPG

具材のうまみが詰まった、美味しいカレーでしたhappy01

マイルドな辛さで、お子さまでもきっと美味しく食べられますよ!

 

そんなキスゲ平園地ではスノーシューの貸出もあるそうです。

まだまだ雪遊びが足りない!そんな方はぜひどうぞ~

 

※キスゲ平までの道路状況ですが、基本的に除雪されております。

しかし、ところどころ凍っていますので、やはりスタッドレスタイヤ等の装備が必須になります。

スピードを控えて、安全運転でぜひお出かけください。

170222キスゲ平DSC_1032.JPG

 

日光市霧降高原「キスゲ平園地」ホームページ

http://www.kirifuri-kogen.jp/index.html

 

<小野田(ビスコ)>

2017年2月18日

石の上にも???年

皆さんこんにちは!昆虫大好き北爪です。

 

ここ数日暖かい日が続き、学園内に出来ていた氷も解けてきました。

 

本日は学園のスギ林で面白いものを見つけました。

isisugi2.JPG

真ん中の円で囲っている木を良く見てください。

何も変哲の無いように見えますが、下に下がっていくと…

isisugi3.JPG

根元を見ると大きな岩があります。

岩の上に立派な木が生えているのです。

 

石の上にも3年といいますがこの木はいったい何年なのでしょうか。

想像するとワクワクしてきます。

 

辛抱強く耐えた結果大きくなれたのでしょう。まさに『石の上にも3年』ですね。

2017年2月17日

春の訪れ

全国的に暖かい気候でしたが、日光でも15℃をこえるポカポカ陽気でした。

学園内では、日陰に残雪があるものの、あちこちで春の訪れを見かけます。同時に、杉花粉も、待ってましたと言わんばかりに飛び始めたように感じます。

池で見かけた、春の訪れをご紹介します。

1720172 (1).JPG 172017(3).jpg

カエルの卵がありました。目覚めが早いアカガエルが、冬眠から目を覚まして早速産卵していました。

アカガエルの卵を見ると、いよいよ春がきたな!と、私は感じています。

1720172 (2).JPG

メスに抱きつくオス、メスの方が大きく、写真のメスは色もとても赤かったです。

 

池へゆっくり近づいていくと、日中でも鳴き声がきこえます。1匹や2匹の声ではなく、大勢で無き交わす声です。

ゲコゲコ・・・とは鳴かないカエルです、是非きいてみてください。

<棟方(びっきー)>

2017年2月13日

氷のカーテン

皆さんこんにちは!昆虫大好き北爪です。

 

2/9に降った雪はほとんど解けました。
しかし、日陰になっている場所や橋の上など突然路面が凍っている場合もありますので
車を運転する際にはスタッドレスタイヤをご用意のうえ、十分に注意をして運転お願いします。

 

学園も大部分は雪は解けましたが、日陰の部分にはまだ雪や氷が残っています。

学園のファイヤー場の隣の小川にカーテンが出来ていました。

ka-tenn1.JPG

その材料は「氷」です。

橋の下にはねた水が凍ってつらら状になったものがさらにくっついてカーテンのようになっています。
つららの丸みがカーテンのなみなみにそっくりです。

川の水をさわると、水に触れた手が凍ってしまうのではと思うほど冷たいです。

ka-tenn2.JPGka-tenn3.JPG

周りを見ると、川岸や水がはねているところに氷が出来ています。

橋のようにアーチが出来ているところもありました。

ぜひ探して見てください。

 

観察の際には温かい格好をして、川に落ちないように注意してください。

 

2017年2月 7日

化け地蔵ライトアップのお知らせ

皆さんこんにちは!昆虫大好き北爪です。

 

2/11と12日の17:30~20:00に憾満ヶ淵にある化け地蔵(並び地蔵)がキャンドルでライトアップされます。

場所は、駐車場から徒歩15分ほどです。

 

大谷川とライトアップされた化け地蔵が作りだす幻想的な空間をお楽しみください。

この時間は大変冷え込むので暖かい格好をしてご覧になってください。

 

jizou1.JPGjizou2.JPG

*夏に撮った化け地蔵の写真です。行きと帰りで地蔵の数が異なっているといわれることから化け地蔵と言われています。

 

駐車場は日光総合会館市営駐車場をお使いください。

また、天候等により開催時刻の変更及び中止の可能性がございます。ご注意ください。

2017年2月 2日

不思議な氷

雪がかなり溶けてきました!日陰などは少し残っていますが、周りの景色が鮮やかに見えます。

 

学園を散歩すると不意に地面が「サクッ」と音を立てて足跡がつくことがあります。

 

よく見ると地面が盛り上がっています。その下には氷の柱が…

koori1.JPGkoori2.JPG

先ほどの音の正体はこの氷の柱が折れる音だったのでしょう。

 

さらに歩いていくと不思議な形の氷があります。

koori4.JPG

円のように見えますが真ん中はへこんでいます。

さて、これはいったいなんだろうと見渡すと、その答えはすぐそばにありました。

私達の足跡です。

 

歩いた部分が踏み固められて氷になったため周りが溶けてなくなっても、溶けずに残ったのでしょう。

 

氷と雪の溶けるスピードの違いが見せたアートでした。

このアーカイブについて

このページには、2017年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年1月です。

次のアーカイブは2017年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。