« 生息地、上昇中 | ホーム | 冬将軍の訪れ »

2017年11月17日

幹アート

池の横に生えている木が、地面に剥がれた樹皮が散らばっていました。

動物?人のいたずら?何事かと思い、よーく見てみました。

1711183.JPG 1711184.JPG

見て見ると、脱皮のように剥がれている様子。

初夏に綺麗な白い花を咲かせる『ナツツバキ』は古い樹皮が剥がれて落ちるようです。

 1711181.JPG 1711182.JPG

灰色や褐色が混ざった色と、様々な大きさで剥がれて出来たまだら模様は、芸術的!

さらに、下からでてきた樹皮はスベスベでとっても手触りが良いのです!

スベスベでサルも登れない?という由来から『サルスベリ』という別名もあるのだとか。

1年中楽しませてくれるナツツバキです!

<棟方(びっきー)>

このブログ記事について

このページは、日光林間学園スタッフが2017年11月17日 13:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「生息地、上昇中」です。

次のブログ記事は「冬将軍の訪れ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。