2018年7月アーカイブ

2018年7月22日

変な形のワナ

こんにちは!北村(メイ)です!

今日はこんなものを発見しました。これ、なんでしょう?

IMG-1500.JPGIMG-1503.JPG

大きさは手と比べるとこんな感じです。葉の上に2~3cmくらいの不思議な形をしたものがありますが、

実はこれ「ウマノスズクサ」という植物の花なんです。(たまたま葉の上に乗っていました。)

IMG-1504.JPG

つる性の植物で、音符のように花がついてかわいらしいです♪

でもこの花、“魔性”といえばいいのか、ちょっとズル賢い植物なんです。

IMG-1498.JPGIMG-1497.JPG

この植物(ウマノスズクサ)は、コバエのような虫に花粉を運んでもらいます。

花の正面から穴を覗いてみると、紫色の小さな毛がびっしりはえていますね。

この穴の中がどうなっているかというとイラストのようになっています↓(手描きの花の断面図です)

IMG-1532.JPG

花粉を運んでもらう仕組みは、まず、花の中に虫を招き入れます。

花粉を出す花はこの奥にある丸い部屋のようなところにあります。

 

虫は外に出たくても、下向きの毛が出口をふさいでしまうため出られません。

仕方なく他の出口を探すため、丸い花のある部屋を歩き回るしかありません。

そう、これがこの花の作戦なんです。気がつくと虫には花の花粉がついています。

IMG-1534.JPG

花粉がしっかり虫につくと、花は毛を落とします。

そうすることで、外に出ることができ、別の花に花粉を運んでもらえるという仕組みなんですね!

花は目的を達成できますが、この罠にはまってしまった虫はたまったもんではありませんね(^^;)

巧みな仕掛けに驚きの植物のご紹介でした。

<北村(メイ)>

2018年7月18日

知ってビックリ!?アワアワの実

こんにちは!メイです。

今日はイアリングのようにぶら下がる

不思議な木の実をご紹介します。

IMG-1461.JPG

こちらの白っぽい木の実。学園の池の周りにこの木がはえています。

何が不思議かっていうと、マジックができちゃうんです!

まず、ただの水を用意します。

IMG-1462.JPG

そして、木の実をいくつかいただいて

水の入ったビンの中に入れます。

IMG-1458.JPGIMG-1460.JPG

そして、30秒思いっきり振ります!

シャカシャカシャカシャカ…

30秒後!

ビンの中が泡だらけになってしまいました。

IMG-1459.JPG

不思議ですね!この木は「エゴノキ」といい、

その昔、洗剤代わりにも使っていたそうです。

昔の人はいろんなことを知っていたんですね!

今身近にあるものも、昔は何を使っていたのか調べてみても面白いかもしれません♪

(※洗剤が飲めないように、口に入ると毒なので、遊んだ後はしっかり手を洗ってくださいね♪)

<北村(メイ)>

2018年7月17日

変身!

こんにちは。佐々木(イアーゴ)です。

最近は天気のいい日が続き、日陰に吹く風が涼しく心地よく感じられます。

20180716_105606.jpg

夏本番を目前にして、この時を待ちわびて、今こそと変身しようとする虫たちを見つけました。

まずは夜の道端に白く浮かび上がった影・・・。

 P7022089.JPGP7022092.JPG

セミの幼虫が羽化したところでした。ヒグラシのようですがまだ時間が経っておらず薄い黄緑色をしています。

天敵の活動していない夜のうちに体を完成させ、朝には飛んで行ってしまいます。

このセミはうまく成虫になれたようで翌日にはいなくなっていました。

 

続いて、夜に池で飛び立つ準備をしていた大きい目が特徴のトンボ!

20180703_222542.jpg

セミと同じく幼虫であるヤゴから、成虫になったところでした。

よく小さなヤゴからこれほど大きい体が出てきますよね。羽化する直前なんて苦しくてしかたないのでは・・・。

池の中にたくさんいるヤゴがこうして成虫になり、空を飛んでいるのですね。

 

学園では今日もセミの声が響き、空にはトンボが飛び、夏を感じさせてくれます。

<佐々木(イアーゴ)>

素敵な瞬間をパシャリ!

おはようございます!メイです。

いつもより早く出社して少し学園内を歩いてみました。

天気が良く青空がきれいです。

IMG-1166.JPG

最近は朝からもう暑いのですが、そんな時に池を見るとなんだか少し涼しくなります。

池を覗くと”おたまじゃくし”がのんびり泳いでいたり、橋の上でトンボが休憩していました。

IMG-1131.JPG

ふと、橋の手すりに目を向けると思わず「おぉ~!」と感動してしまう光景が!

IMG-1140.JPG

それは小さなトンボの羽化でした。写真は私の小指ですが、3cmくらいでとってもかわいいです。

これから色づくのか、色は白く透き通っていてきれいでした。

どうかこのまま元気に大人になりきれるようにと祈りながら、

今日も頑張ろう!と元気をもらった気持ちのいい朝でした(^^)

<北村(メイ)>

2018年7月15日

小さな陶芸家?

暑い日が続き、いよいよ夏本番ですね。オニヤンマが飛び、アブラゼミが鳴き始めて夏の到来を感じます。

 

オニヤンマが飛んでいるのを見上げて歩いていると、壁に何かがくっついていました。

壁の色と似ていて気が付きませんでした。高い位置にあるので望遠レンズで見てみると、穴がもあいています。

1807152.JPG

これはハチの巣で、泥や土からできている巣です。ドロバチ、ジガバチ・・・たくさんのハチの仲間がこういった土を使った巣を作り、種類によって作る場所や形も様々です。

スズメバチやアシナガバチのように巣にたくさんのハチが飛び回っていることはなく、単独で巣を作り、産卵をします。よっぽどハチにとって命の危機にならない限り、刺されることもないようです。

親のハチはこの巣の中に、エサとなる虫を入れて卵を産み、この穴を閉じます。孵った幼虫がエサを食べ、穴をあげて出てくるそうです!

1807151.JPG

既に使われていないようだったので取ろうとすると、とっても頑丈!

体を震わせて泥をこねて、こんな丈夫な家を作ってあげるなんて、まるで陶芸家。

人間の家も、今はコストと時間削減で減っていますが、土壁だったそうです。湿度調節や断熱効果があり、とても快適のようです。

 

巣の中がどんなに快適か・・・少し入ってみたいです。

<棟方(びっきー)>

2018年7月 5日

雨の日の来客

今日は久しぶりに1日雨が続きました。

移動教室で訪れている学校は、夕食の飯盒炊爨が雨の中のカレー作りでした。火もつきにくいですし、雨が降っていると移動もなかなか大変です。

そんな中、あっという間に終わってしまった梅雨を求めていた動植物は、きっと喜んでいたはずです。

1807051.jpg

夜に事務所の前にぴょんぴょん跳ねるものをスタッフが発見!

1807052.JPG

近づくと・・・小さなカエルがいました!どうやら玄関から入ってきた様子!?

1807053.JPG

ちょっと前まで池の中にいたアカガエルが、カエルとなって館内に入ってきました。

オタマジャクシの時は、池から出ることができずに、こちらが見に行っていましたが、手足が生え、陸に上がって会いにきてくれるとは・・・嬉しい再会でした。また雨が降る外へと送り出しました。

来客はうれしいですが、迷い込んでしまうことがたくさんあるので、玄関の扉は開けたら閉めるようにお願いします!

<棟方(びっきー)>

 

2018年7月 4日

梅雨があけて・・・

梅雨があけてすっかり夏の気候です!学園では客室に扇風機がはいりました。

ひぐらしも、日々鳴き交わす声が増えています。

今年の池は浮草が増えてしまい、現在このような様子です↓↓

1807043.JPG

その池の中では、水の中にいた生き物たちがどんどん羽化しています!

1807046.JPG 1807045.JPG

ヤゴやトビケラの仲間の抜け殻が橋や木のあちこちで見つけることができます。

1807047.JPG 1807044.JPG

池の中には予備軍もたくさん。モリアオガエルのオタマジャクシも元気に泳いでいます。

 1804042.JPG 1807041.JPG

暑い日が続いていますが、飛ぶ虫も一気に増えて、夏がきた喜びでいっぱいです!

<棟方(びっきー)>

このアーカイブについて

このページには、2018年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年6月です。

次のアーカイブは2018年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。