« 東京2020オリンピック聖火リレー | ホーム | 春の訪れ、開花宣言 »

2020年3月15日

雪持ち 春を待つ

こんにちは!井上(タップ)です。

 

今朝は快晴で、昨日降り積もった雪が朝日に照らされ、真っ白に輝いておりました。

20200315_084354.jpg 20200315_084412.jpg

20200315_083520.jpg

 

その中でもとくに私の目に留まったのは、雪をのせたヤマツツジの蕾でした。

20200315_083554.jpg 20200315_083543.jpg

このような植物に雪が降り積もった様子は「雪持」と呼ばれ、

雪持柳、雪持松、雪持椿というように歌舞伎の衣装の模様としても用いられています。

雪をのせた枝木のしなやかさ。

じっと雪の重みを感じながら、春の芽吹きを待つヤマツツジの生命力に心打たれました。

 

日に日に日光市も暖かくなってきてはいますが、まだまだ明け方は冷え込みます。

(今朝6時の気温は-1.5℃でした。)

林間学園にお越しの際には、暖かい服装でお越しください。

 

井上(タップ)

このブログ記事について

このページは、日光林間学園スタッフが2020年3月15日 09:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東京2020オリンピック聖火リレー」です。

次のブログ記事は「春の訪れ、開花宣言」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。