« ぴょんぴょん運動! | ホーム | 野鳥の鳴き声 »

2020年4月26日

だれが居たかな?②

こんにちは!井上(タップ)です。

 

またも園庭で、ある動物がいた形跡を発見しました。

筒状のコンクリートのなかに、、

 

20200426_171133.jpg 20200426_171144.jpg

 

自然に入ったとは到底思えない量のクルミの殻が入っていました!

20200426_171151.jpg

すべての殻は穴が開いているようです。

 

20200426_171217.jpg

ひとつ取り出して見てみると、かじって開けたような穴が二か所あけられていました。

クルミのような堅い殻に穴を開けるには、相当頑丈な歯でないと難しそうです。

おそらくこれは、アカネズミが食べた痕でしょう。

 

落下した堅実をこの穴にせっせと運んで、貯蔵していたのでしょうか。

他の動物に見つからないように、穴に隠しておくとは、、なんて賢いのでしょうflair

 

また、アカネズミは写真のように側面に穴を開けて、中身を食べますが、

他の動物はまた違った食べ方をするようです。

 

以前のブログでクルミの割り方について、詳しく書かれています。▽

http://katsushika-nikko.info/blog/2015/09/post-241.html

 

井上(タップ)

 

このブログ記事について

このページは、日光林間学園スタッフが2020年4月26日 17:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ぴょんぴょん運動!」です。

次のブログ記事は「野鳥の鳴き声」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。