« 草木染めエコバッグ | ホーム | オオハンゴンソウ »

2020年5月22日

トチノキ

皆さん、こんにちは。南斉(ちゃい)です。

 

今回は、栃木県の『県の木』に指定されている、『トチノキ』について解説していきたいと思います。

『トチノキ』を漢字で書くと、栃や栃の木と、栃木県と同じ字を使います。

ですので、栃木県の名前の由来として、トチノキが多かったからという説もあります。

他にも色々と説がありますので、調べてみるのも面白いですね。

 

ちなみに、トチノキの実は食用にすることができます。

ただ、渋みが強いので食用にするにはとても手間暇がかかります。

ですが昔は、積雪が多い地方や、稲作が難しい地方では、食用のために保全していたそうです。

また、木材としても巨木に成長しやすい為、臼や一枚テーブルなどに利用されていました。

 

学園では、トチノキの花が咲いています。

鈴なりの白くきれいな花は、とても特徴的です。

もし、トチノキを見つけたら栃木の事も思い出してください。

 

20200522_130701.jpg 

このブログ記事について

このページは、日光林間学園スタッフが2020年5月22日 16:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「草木染めエコバッグ」です。

次のブログ記事は「オオハンゴンソウ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。