« 園内草刈り完了! | ホーム | 小さなことからコツコツと »

2020年6月11日

6月の白い花②

皆さん、こんにちは。

日光林間学園の南斉(ちゃい)です。

 

6月11日、関東もついに梅雨入りしました。

これからは、暑くジメジメした日々が続きますので、

体調管理をしっかりしないといけません。

 

暑かった6月前半と変わり、ジメジメした6月中旬ですが、まだまだ学園には白い花が咲いています。

今回は、学園に咲く白い花第二弾です。

 

コアジサイ

20200611_134748.jpg

白というよりは、少し青色がかかっています。

名前の通りアジサイの仲間で、まさに『コアジサイ(小紫陽花)』です。

学園にはアジサイが無いですが、皆さんの周りのアジサイは咲きましたか?

 

カナメモチ

20200611_134943.jpg

写真をよく見ると、花の右側の葉が赤く色づいています。

赤い葉をつけることが、カナメモチの特徴で、

生垣によく使われ、真っ赤な葉をつける園芸種もあります。

 

ガマズミ

20200611_135013.jpg

最後に紹介するのはガマズミです。

比較的、日の当たる山地や林で良く見かけることが出来ます。

庭木としても使われていて、秋につける赤い実は、食用に出来るため、

果実酒の原料も使われています。

 

最後に、学園の白い花第二弾を紹介しましたが、

自然界でも白い花の割合は、赤や黄色に比べて多いそうです。

白い花の特徴を調べてみると、1つおもしろい記事がありました。

ニュージランドでは白い花が多く自生しているのですが、

理由の一つとして、夜に蛾に見つけてもらい花粉を運んでもらうためらしいです。

確かに、花粉を運ばれると、実ができて種を残すことが出来ます。

白い花をつける植物の戦略ですね。

 

学園では、初夏の時期は白い花が多いですが、皆さんの周りはいかがでしょうか。

探してみるのも面白いかもしれません。

 

 

このブログ記事について

このページは、日光林間学園スタッフが2020年6月11日 16:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「園内草刈り完了!」です。

次のブログ記事は「小さなことからコツコツと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。