« クワガタ発見! | ホーム | 園内草刈り完了! »

2020年6月 5日

6月の白い花

皆さん、こんにちは。南斉(ちゃい)です。

 

6月になり、暑い日々が続いています。

そんな中、学園内では白い花が咲きだしました。

今回は、学園に咲く白い花を紹介していきたいと思います。

 

フタリシズカ

フタリシズカ.jpg

林内に咲く花で、ヒトリシズカ(一人静)という仲間と比べて、

花が稲穂のように並ぶ花穂(かすい)を2つ以上つけていることから、

フタリシズカ(二人静)と呼ばれています。

ただし、1つの場合もあるので必ずしもではありません。

また、名前の由来として能の『二人静』という演目からきているとも言われています。

 

ヤマボウシ

ヤマボウシ.jpg

今の時期に花を咲かせる落葉樹になります。

ヤマボウシは『山法師』と書き、

昔の僧侶がつけていた被り物から来ているそうです。

ヤマボウシは昔から、花、果実、紅葉の3つを楽しめる木として、

庭木などに利用されています。

 

ホオノキ

ホオノキ.jpg

日本最大級の葉をつける落葉樹です。

白い花もきれいですが、ホオノキの特徴は葉と樹皮にあります。

葉には抗菌作用があり、食物を包んだり、食器代わりにも使われていました。

樹皮は、和厚朴(ワコウボク)として生薬として使われています。

 

今回は以上となります。

今後とも、学園や日光の自然を紹介していきますので、宜しくお願いします。

このブログ記事について

このページは、日光林間学園スタッフが2020年6月 5日 13:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「クワガタ発見!」です。

次のブログ記事は「園内草刈り完了!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。