« れんがyaの焼きそば | ホーム | プラスチックフリーの食器洗い »

2020年6月28日

梅雨晴の過ごし方

皆さん、こんにちは。

学園スタッフの南斉(ちゃい)です。

 

今日、日光では久しぶりの晴れ間がのぞきました。

本格的に梅雨入りしてからは、雨、曇の日々だったので青空が眩しく感じます。

つい先日、神奈川県の相模原などでは、晴れ間に『彩雲』が見られました。

『彩雲』とは虹色に光る雲のことで、ニュースでは『環水平アーク』と呼ばれました。

梅雨晴れは、少しの間だけかもしれませんが、貴重な時間を皆さんにプレゼントしてくれるかもしれません。

 

そして、それは動植物にとっても同じの様です。

 

学園の敷地内には多様な自然環境があります。

スギ・ヒノキの針葉樹林

20200628_133026.jpg

 

学園裏側の伐採地

20200628_133312.jpg

 

芝生が広がる運動場

20200628_133513.jpg

他にも、池や水路があります。

 

学園内では、晴れ間がのぞきだしてから、沢山の生き物の姿や声を見聞きすることができました。

アキアカネやシロチョウやセセリチョウといった昆虫。

アオバト、アオゲラ、キビタキ、ホトトギスといった野鳥の鳴き声。

シカやイタチ・テンといった動物の痕跡。

 

梅雨のジメジメは気が滅入ることもありますが、

雨に濡れ緑が濃くなった木々や、青空を眺めているだけでも、

新しい何かが見つかる予感がします。

 

皆さんも梅雨に負けずに、今だから感じられる何かを探してみてください。

南斉(ちゃい)

このブログ記事について

このページは、日光林間学園スタッフが2020年6月28日 13:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「れんがyaの焼きそば」です。

次のブログ記事は「プラスチックフリーの食器洗い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。