2020年7月アーカイブ

2020年7月31日

新型コロナ感染防止対策宣言

皆さん、こんにちは。

学園スタッフの南斉です。

 

葛飾区立日光林間学園では、

栃木県及び日光市が行っている、『新型コロナ感染防止対策宣言』に

参加をいたしました。

 

新型コロナウイルス対策を行っている事業者を、お客様が『見て』確認できるようになっています。

安心・安全のためには、事業者はもちろん、お客様のご理解とご協力が不可欠です。

 

普段通りご利用できなく、ご不便をおかけしますが、

葛飾区立日光林間学園職員一同、ご利用をお待ちしております。

20200731_140347.jpg

 

葛飾区立日光林間学園 南斉

2020年7月30日

8月の空室状況

こんにちは!井上(タップ)です。

 

7月30日現在、8月の週末の空室状況は以下のようになっておりますsun

8/8〇、9▲、10〇、15〇、22▲、29〇

 

9月、10月の空室も更新されましたので、下記ページから詳細をご覧ください。

http://katsushika-nikko.info/calendar.html

 

外観正面02.JPG

井上(タップ)

プラスチックごみの削減!~8月の取り組み

こんにちは!井上(タップ)です。

 

学園では、SDGsの取り組みとして学園スタッフが個人の目標を考えて、「プラスチックごみの削減」に努めています。

20200730_102158.jpg

 

8月の学園スタッフの目標が揃ったので発表したいと思います!

 

★ 手作りのスポーツドリンク、ジュースを飲むようにし、ペットボトル飲料の購入を減らします。

★ プラスチックフリーの日焼け止め、虫よけを使用します。

★ キッチンでは繰り返し使えるシリコンラップを使います。

★ ハブラシは馬毛の物を使います。

 

使い捨てプラスチックの無駄遣いを大きく減らすには、プラスチックをもらわない・使わないように工夫をしていくことが大切です。

小さなことからコツコツと、みんなでプラスチックごみ削減に取り組んでいきましょうclover

20200730_102142.jpg

 

井上(タップ)

2020年7月29日

オオハンゴンソウで草木染パート2

こんにちは!井上タップです。

 

昨日のオオハンゴンソウの草木染から、再びやり方を少し変えて染め実験をしました。

前回の記事はこちら⇒http://katsushika-nikko.info/blog/2020/07/post-680.html

今回は、色止めのミョウバン液をはじめから染液に混ぜて行いました。

 

また、前回は水とオオハンゴンソウの割合を10:1で作りましたが、

今回は色を濃くするため 水:オオハンゴンソウ=5:1 にして行いました。

 

前回同様、オオハンゴンソウを水からぐつぐつと20分かけて煮出しました。

出来た染液がこちら

20200729_153255.jpg

かなり濃い色が出ました!

そして、布をまた20分染液に浸けていきます。

この時、混ぜながら浸けるとムラなく染まりますshine

 

染め上がったものがこちら、今回もビー玉と輪ゴムで輪染めをしました!

20200729_153336.jpg 20200729_154217.jpg

 

前回と比べると、断然今回の方が濃くきれいな黄色に染まってくれました!

また、染液にミョウバン液を入れているため、染めた後にミョウバン液に浸す必要がありません。

 

実際に試してみると発見がたくさんありますねdelicious

 

井上(タップ)

 

2020年7月28日

季節外れの・・・

皆さん、こんにちは!

学園スタッフの南斉(ちゃい)です!

 

梅雨が長引き、常にジメジメ。

学園では、コケが色づきキレイな緑色の絨毯になっています。

 

そんな、緑が深まっている学園ですが、

足元や、頭上に眼を向けると不思議な光景がありました。

20200717_161234.jpg

紅葉したモミジです。

夏に季節外れの紅葉が起きることはあると聞いてましたが、

梅雨の時期にもなるとは思いませんでした。

 

紅葉は、日照時間・栄養状況によって起きます。

また、植物の種類によっては、『春モミジ』といって春に赤くなるモミジもあります。

今回のモミジは、葉っぱの一部が紅葉をしていました。

特定の枝ではなく、まばらに赤く染まっているのが特徴的です。

 

モミジの種類までは、わかりませんでしたが、

季節外れの紅葉は、新しい自然の魅力に気づかせてくれました。

 

南斉(ちゃい)

2020年7月26日

オオハンゴンソウで草木染

こんにちは!井上タップです。

 

先日草刈りをしたオオハンゴンソウを使って、草木染の試作を行いました!

学園の体験プログラムにある、草木染エコバッグの素材の一つとして使えるか実験です。

20200726_151828.jpg

まずは鍋に入るよう細かくオオハンゴンソウを切っていきます。

 

そして、オオハンゴンソウを鍋に入れ20分ほど、色が出るまで煮出していきます。

ぐつぐつ…

20200726_152822.jpg

かなり濃い茶色の染液が出ました。

これは一番液と言い、また同じように煮出して二番液、三番液を作っていきます。

20200726_152813.jpg

20200726_155222.jpg

染液が出たら、布を浸していきます。

模様が出るよう、輪ゴムで布にビー玉を縛っています。

20200726_161706.jpg

これから、ミョウバンを溶かした水に布を浸します。

ミョウバン液に浸すことで、布から色が抜けてしまうのを防ぎます。(色止めと呼びます。)

 

ミョウバン液に浸し、また染液に浸し、を繰り返すと、、

 

20200726_171946.jpg

色が付きました!

ビー玉を外すと、しっかりと輪っかの模様もついていました!

 

除去して本来捨ててしまうオオハンゴンソウにも、こんなにきれいな色が出るんですねshine

嬉しい発見でしたenlightened

 

井上(タップ)

2020年7月21日

大きい... その2

皆さん、こんにちは!

学園スタッフの南斉(ちゃい)です。

 

先日あげたブログ『大きい…』に続いて、背の大きい植物を紹介していきます。

ウバユリ

20200717_162009.jpg

大きさは約1.2m。

白くラッパのような花を咲かせています。

学園内を流れる小川の傍、スギの林内に生えていて、

遠くからでも、その大きさ形からとても目立ちます。

 

メタカラコウ

20200717_161941.jpg

ハート状の葉に、黄色い花がまっすぐ伸びた茎に咲いています。

大きさは約1mほどと、今まで紹介した植物よりも小さいですが、

学園の特徴はその数です。

今年は小川の傍に、これでもかというほどに群生しています。

メタカラコウにとっては今年は育ちやすい環境だったようです。

 

今回は、大きい植物を紹介しましたが、

これからも学園の自然を紹介していきますので、

お待ちください。

 

南斉(ちゃい)

2020年7月18日

キイロスズメバチの巣駆除

こんにちは!井上タップです。

 

学園の観察池の地中にキイロスズメバチが巣をつくってしまったので、

業者の方にお願いして、巣の駆除をしていただきました。

 

20200718_091615.jpg 20200718_092412.jpg

ハチの巣は地中に作られていたようです。

観察池のキイロスズメバチの巣は無事に駆除されました!

20200718_092834.jpg

キイロスズメバチは、鮮やかな黄色の体をした比較的小型なスズメバチです。

非常に攻撃的な性格をしていて毒性も強く、、キイロスズメバチは都市部や住宅地にも巣を作る傾向があります。

そのため、人の生活圏で遭遇することが多く、非常に危険な蜂です。

 

万が一、スズメバチに出会ってしまった場合、

・大声を出さない

・手で追い払おうとしない

・とにかく刺激しない

・静かに、ゆっくり10メートル以上離れる

 

このことを意識して、被害にあわないようにしましょう。

 

井上(タップ)

 

 

大きい...

皆さん、こんにちは!

学園スタッフの南斉(ちゃい)です。

 

7月も中旬にさしかかり、来週は『海の日』ですが、

今年の梅雨明けは遅くなると予報されています。

日照不足も心配される中、今日7月18日の学園周辺の天気は霧。

久しぶりに濃霧となりました。

霧や曇空が多く、日の光も差さなくなってきた日光ですが、

そんな中、大きく育った植物があります。

 

今回は、学園内で大きく育った植物たちを紹介します。

ヤマユリ

20200717_161754.jpg

何故か、学園の正門前に大きく育っています。

大きさは約1.8mほど。

今年は、10輪以上の花が鈴なりに咲いています。

しかし、上には上がいるようで、

茨城県常陸大宮市では、100輪以上の花をつけたヤマユリが咲いているそうです。

 

ユッカ(イトラン)

20200717_161741 - コピー (2).jpg

『ユッカ』と聞くと、低木の観葉植物を思い出す方もいらっしゃると思います。

ユッカとは、イトラン属の植物の総称になります。

私自身は、この植物をユッカのイトランと考えていますが、正直に言うと正式名称はわかりません。

園芸用の一種とは思いますが、わかる方はいらっしゃるでしょうか。

本題の大きさはというと、約1.7m。

ヤマユリよりは小さいですが、まっすぐ伸びた茎から咲いた花は凛々しさを感じさせます。

 

今回は、以上の2種類を紹介しましたが、

まだ学園には大きく育った植物がいるので、また次回に残りを紹介したいと思います!

 

南斉(ちゃい)

2020年7月12日

『日光へようこそ』in小杉放菴記念日光美術館

こんにちは!井上タップです。

 

7/18(土)~8/30(日)の期間、小杉放菴記念日光美術館で

『日光へようこそ』 という展覧会が行われます。

 

小杉放菴記念日光美術館が開館以来、収集された日光の社寺を描いた水彩画をはじめ、近・現代の画家たちが描いた日光の風景画など約130年間の日光の風景を俯瞰できる展覧会となります。

日光の魅力を深く知ることのできる展覧会だと思います。

日光にお越しの際には、足を運んでみてはいかがでしょうかdiamond

 

詳細は、下記の小杉放菴記念日光美術館のHPでご覧いただけます。

https://www.khmoan.jp/event/event_d.html?0:2455

 

また、7月の週末、祝日もまだお部屋の空きがございます。

(7/18〇、23▲、24〇、25〇)

皆様のお越しをお待ちしております。

 

井上(タップ)

2020年7月 4日

ムササビ巣箱に本入居?

こんにちは!井上タップです。

 

霧の深まる園内の林にかけてある、ムササビ巣箱2号の入り口が以前よりも広がっていました。

 

4月に入口のかじり跡は見られましたが、さらに広がっています。

20200416_1427579.jpg     20200704_164020.jpg

                         ビフォー   leftright   アフター

 

ムササビが出てくるのを遠巻きから見守ってみましたが、今日は顔を出さず、。

しかし、入り口の穴はもうムササビの身体が入れるほどの大きさになっているので、

本格的に巣箱2号にもムササビが住み始めたのかもしれませんね!

 

4月のムササビ観察の記事はこちら↓

http://katsushika-nikko.info/blog/2020/04/post-649.html

 

井上(タップ)

このアーカイブについて

このページには、2020年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2020年6月です。

次のアーカイブは2020年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。