« 『日光へようこそ』in小杉放菴記念日光美術館 | ホーム | キイロスズメバチの巣駆除 »

2020年7月18日

大きい...

皆さん、こんにちは!

学園スタッフの南斉(ちゃい)です。

 

7月も中旬にさしかかり、来週は『海の日』ですが、

今年の梅雨明けは遅くなると予報されています。

日照不足も心配される中、今日7月18日の学園周辺の天気は霧。

久しぶりに濃霧となりました。

霧や曇空が多く、日の光も差さなくなってきた日光ですが、

そんな中、大きく育った植物があります。

 

今回は、学園内で大きく育った植物たちを紹介します。

ヤマユリ

20200717_161754.jpg

何故か、学園の正門前に大きく育っています。

大きさは約1.8mほど。

今年は、10輪以上の花が鈴なりに咲いています。

しかし、上には上がいるようで、

茨城県常陸大宮市では、100輪以上の花をつけたヤマユリが咲いているそうです。

 

ユッカ(イトラン)

20200717_161741 - コピー (2).jpg

『ユッカ』と聞くと、低木の観葉植物を思い出す方もいらっしゃると思います。

ユッカとは、イトラン属の植物の総称になります。

私自身は、この植物をユッカのイトランと考えていますが、正直に言うと正式名称はわかりません。

園芸用の一種とは思いますが、わかる方はいらっしゃるでしょうか。

本題の大きさはというと、約1.7m。

ヤマユリよりは小さいですが、まっすぐ伸びた茎から咲いた花は凛々しさを感じさせます。

 

今回は、以上の2種類を紹介しましたが、

まだ学園には大きく育った植物がいるので、また次回に残りを紹介したいと思います!

 

南斉(ちゃい)

このブログ記事について

このページは、日光林間学園スタッフが2020年7月18日 16:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『日光へようこそ』in小杉放菴記念日光美術館」です。

次のブログ記事は「キイロスズメバチの巣駆除」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。