« カラスアゲハ | ホーム | 明かりの下で »

2020年8月18日

くもの巣の暗号

こんにちは!井上タップです。

 

炊事場のかまどを掃除していると、蜘蛛の巣を発見。

払いのけようと巣をよく見ると、網目の中央に白い帯のようなものでバッテンの形がありました。

隠れ帯1.jpg

これは、「隠れ帯(かくれおび)」と呼ばれていました。蜘蛛が姿を隠すためや、姿をより大きく見せることにより、自身を守るためにつくるだと言われていました。

また、最近の説では、隠れ帯は紫外線光を反射させて獲物を引きつけるためとも言われており、

現在は「白帯(はくたい)」と呼ぶことが多くなりました。

 

さらには、網を目立つようにして、天敵である鳥などが網を破るのを防ぐ、という説もあるそうです。

 

身近に感じていた、蜘蛛の巣にもまだまだ解明されていない不思議があるんですねflair

 

 

話は変わりますが、、、

 

学園の飯ごう炊さん場のご予約について

飯ごう炊さん場のテーブルが補修工事のため、

8月17日(月)~9月4日(金)まで飯ごう炊さん場の予約受付を中止させていただきます。

 

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

 

 

このブログ記事について

このページは、日光林間学園スタッフが2020年8月18日 15:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カラスアゲハ」です。

次のブログ記事は「明かりの下で」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。