« 日光彫アクセサリー | ホーム | 9月19日(土)、22日(火)『クラフトコーナー』実施決定♪ »

2020年8月30日

珍しい色の花と危険な花

皆さん、こんにちは!

学園スタッフの南斉(ちゃい)です。

 

8月も明日で終わり、9月に突入します。

まだまだ残暑が厳しいですが、珍しい色の花々が咲いていました。

今回は、珍しい色の花と少し危険な花を紹介していきたいと思います。

 

チョウセンシオン

20200830_115420.jpg

大正時代に観賞用として輸入されました。

薄紫色をした花が、とても特徴的です。

学園まで、どのようにしてやってきたかは不明ですが、

学園の近くには、『日光植物園』や『田母沢御用邸』といった、

植物や大正に所縁ある施設がありますので、風や鳥が運んできたのかもしれません。

 

フジクロセンノウ

20200830_115450.jpg

オレンジ色と5つの花びら特徴的な花です。

他の植物や花と比べても目立つので、遠くからでも花の色がわかります。

私は日光で初めて見ましたが、最初見かけた時はポピーの仲間かなと思いました。

しかし、れっきとした日本原産の花で、県によっては絶滅あるいは絶滅危惧になっています。

普段は目につかず、忘れてしまっていますが、身近な自然は大切にしないといけません。

 

 

 

最後に紹介するのは、少し危険な植物です。

センニンソウ

20200830_114425.jpg

つる植物で、上記の写真のように、白い花がきれいで変わった形が特徴的です。

しかし、このセンニンソウを見かけたら採取してはいけません。

有毒植物で、茎や葉か出る汁液や濡れた花粉に触れると皮膚が炎症をおこします。

赤くぶつぶつした腫れになる場合があるので、見かけたら眺めるだけが良いです。

 

そんな怖い一面を持つセンニンソウですが、花言葉は『安心』『無事』『あふれでる善意』。

 

安心、無事とはいったいどういう意味なのか・・・

『綺麗な花には棘がある』そんな言葉が似あう植物です。

 

今回は、珍しい色の花と危険な花を紹介しましたが、

これらかも学園の自然を紹介していきますので、宜しくお願いします。

南斉(ちゃい)

このブログ記事について

このページは、日光林間学園スタッフが2020年8月30日 13:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日光彫アクセサリー」です。

次のブログ記事は「9月19日(土)、22日(火)『クラフトコーナー』実施決定♪」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。