« 黄色い毛玉発見 | ホーム | 空のアーチ »

2021年2月16日

春までもう少し?

皆さん、こんにちは!

学園職員の南斉(ちゃい)です。

 

2月も中旬になり、日光でも暖かい日が続きました。

それでも、気づくと最低気温がマイナスになる日があります。

全国的に暖かい、寒いのサイクルを繰り返していますが、

少しずつ春に近づいているのかもしれません。

 

それを気づかせてくれたのが、道端の小さな植物です。

20210214_121734.jpg 20210214_121727.jpg

 

まだ小さいですが、冬の枯草の間から見える緑は、とても綺麗です。

このように、茎が極端に短く、葉が地面から直接生えているように見える植物と、

ロゼット植物、ロゼット葉と言います。

皆さんの身近な植物だと、タンポポやオオバコがロゼット植物ですが、

太陽の暖かさを、一番に感じている植物でしょう。

 

今度、外に出て行くときは、少しだけ足元を観察してみてください。

小さい春が見つけられるかもしれません。

 

南斉(ちゃい)

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、日光林間学園スタッフが2021年2月16日 08:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「黄色い毛玉発見」です。

次のブログ記事は「空のアーチ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。