« 春までもう少し? | ホーム | ぽかぽか陽気 »

2021年2月17日

空のアーチ

こんにちは!井上タップです。

 

先日の2/15、全国的に雨が降り、日光でも午前中は強く雨が降りました。

そして、その日の夕暮れ時、雨も弱まってきたので外へ出てみると
近所の人が数人空を見上げていて、カメラを空に向ける人もいました。

何だろうと思いみんなの視線の先をたどっていくと、、

210217.jpg

虹が空に架かっていました!

冬場の木々のグレーや、雪の白色など抑えられた色合いが多い中で、鮮やかに虹と夕焼けの色が映えていました。

虹は太陽光が空気中の水滴を屈折・反射して起きる現象です。 
太陽の位置が低くなるほど、空の高い位置に虹が出るため、より見えやすくなります。
この日は、雨上がり(空気中の水滴)と夕焼け(太陽の位置)の条件がうまく揃ったため綺麗に虹が見られたのでしょう。

近所の皆さんと空を見上げ、なんだか満たされた気持ちになりましたconfident

 

井上(タップ)

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、日光林間学園スタッフが2021年2月17日 16:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「春までもう少し?」です。

次のブログ記事は「ぽかぽか陽気」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。