« 山椒の芽 | ホーム | 春の山野草 なぞなぞ大会 »

2021年4月19日

世界で一番長い杉並木

 

こんにちは、学園スタッフの佐々木(ひめちゃん)です。

昨日は、とても風の強い一日でした。

奥日光方面では、雪も降ったようなので、お出かけの際は積雪等情報を確認することをオススメします!

 

さて、今日紹介するのは、日光杉並木街道について

日光では、全長37キロにもわたって道の両側にそびえ立つ杉並木を見ることができます。

この杉並木は、徳川家康・秀忠・家光の将軍3代に仕えた、松平正綱、正信親子が、

20年の歳月をかけて、約5万本の杉を植栽し寄贈したものになります。

 

20210419 (1).JPG20210419 (3).JPG

 

樹齢370~380年ともいわれるこの杉は、今でも1万2千本余りが、

「日光街道」「西会津街道」「例幣使街道」に残されており、

国の特別史跡・特別天然記念物の2つにも登録され保護活動が行われています。

 

20210419 (28).JPG

 

そして、この杉並木は、『世界で最も長い杉並木』としてギネスブックにも登録されています。

車でしか通れない道もあるので、歩いてみたい方は、散策ルートのある道をお選びください。

 

 佐々木(ひめちゃん)

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、日光林間学園スタッフが2021年4月19日 09:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「山椒の芽」です。

次のブログ記事は「春の山野草 なぞなぞ大会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。