« 世界で一番長い杉並木 | ホーム | 学園のさくら »

2021年4月21日

春の山野草 なぞなぞ大会

皆さん、こんにちは!

学園職員の南斉(ちゃい)です。

 

東京では、昨日・今日と夏日が続くほど暖かくなり、

日光も最高気温が20℃を超え、汗ばむようになりました。

 

そんな中、学園内を歩いていると沢山の花や草本の芽を見ることが出来ます。

花は図鑑を調べると名前を知ることは出来ますが、

芽吹いたばかりの草本は、とても難しいです。

 

もしかしたらこれかな?あれかな?と想像を膨らませながら、

なぞなぞを説いている気分になります。

 

皆さんも、私と一緒に春の山野草 なぞなぞ大会に参加してください。

20210421_104054.jpg

タケノコを細くしたようにも見えます。

 

20210421_150916.jpg

タマゴのような形の葉っぱが特徴的です。

 

20210421_151850.jpg

ギザギザした葉、葉のしわがとても多かったです。

 

さて、今回は特徴的だった山野草の葉をピックアップしましたが、

これらがどんな花を咲かせるのか?大きさになるのか?今後が楽しみです。

 

なぞなぞの答はいつになったらわかるのか・・・それすらもなぞです!

 

南斉(ちゃい)

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、日光林間学園スタッフが2021年4月21日 14:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「世界で一番長い杉並木」です。

次のブログ記事は「学園のさくら」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。