2021年5月アーカイブ

2021年5月15日

フランスギクかと思ったら!?

みなさん、こんにちは!

学園スタッフの小林(こばしり)です!indecision

 

林間学園に配属となってから、1ヶ月以上が経ちました。

今までよりも様々な生き物に興味が湧くようになり、学園内を散歩するのが楽しいです!

 

みなさん、学園スタッフの佐々木ひめちゃんが挙げていたブログ記事はご覧になりましたか?

ひめちゃんのブログ記事はこちら → http://katsushika-nikko.info/blog/2021/05/post-785.html

僕もひめちゃんと一緒に草刈りを頑張っています。

 

その草刈りをしている時に、白い花をよく見るんです。

日光は『フランスギク』と『オオハンゴンソウ』の繁殖がすごいと聞いていたので「フランスギクかな~?」なんて思って、

よーく見てみたら…smiley

 

あらま!全然違うじゃん!

 

調べてみたら、ハルジオンでした!

ということで、今回はハルジオンのご紹介をします。

 

IMG_2702 (2).JPG

ハルジオンは、元々観賞用として大正時代に北アメリカから日本に持ち込まれたそうです。

 

ハルジオンという名前の由来は、同じキク科で秋に咲くシオン(紫苑)にちなんで、春に咲くシオンで『ハルジオン』という名が付けられたんだとか。

別名:『貧乏草』とも呼ばれていて、根っこさえ残っていれば、また元気に生えてくるそうです。

 

ハルジオンを調べていたら、ハルジオンに瓜二つの『ヒメジョオン』という子を発見しました。

本当に似てるんですよ!実物が無いので申し訳ないんですが、みなさん調べてみてください。笑

 

ハルジオンとヒメジョオンの見分け方には、いくつかあるらしく、

・茎の中身

・花の形や花びらの数

・蕾のつき方

・葉のつき方 です。

 

中でも僕が一番わかりやすいなと思ったのが、葉のつき方でした。

ハルジオンは、茎に葉が抱くようについており、ヒメジョオンはまっすぐついています。

 

IMG_2704.JPG

みなさんも道端でハルジオンかヒメジョオンを発見したら、見分け方を楽しんでみてください。

 

ちなみに…。

『ハルジオン』と名のつく歌がたくさんありますよね。

 

その中でも僕は、BUMP OF CHICKENのハルジオンが好きです。

みなさんも聞いてみてください!

 

なんの話や!笑cheeky

 

小林(こばしり)

2021年5月14日

スズメバチトラップ設置しました!

皆さん、こんにちは!

学園職員の南斉(ちゃい)です。

 

本日、スズメバチトラップを設置しました。

暖かくなると、冬眠から覚めた女王バチが、巣作りの場所を探して飛び回ります。

トラップは、誘引液で女王バチをおびき寄せ、捕まえる事ができます。

一度入ると、外に出ることが出来ないので、ハチの巣が出来なくなるという仕組みです。

 

昨年度の反省から、今回は雨水が入らないように屋根をつけました。

20210514_154654.jpg

身近にある物を使っているので、屋根の色がカラフルですが、ハチにも苦手な色があるのでしょうか?

女王バチを捕まえる事が目的ですが、ハチの生態も探れるかもしれません。

 

皆さんも、これから屋外に出かける際は、ハチに十分注意してください。

 

葛飾区立日光林間学園のインスタグラムを開設しました!

https://www.instagram.com/katsushika_nikko_rinkangakuen/?hl=ja

学園の様子や、日光・栃木のイロイロをお伝えしていくので、宜しくお願いします!

 

南斉(ちゃい)

2021年5月12日

おじいさんは山へ『しばかり』に

 

みなさんこんにちは、学園スタッフの佐々木(ひめちゃん)です。

実は、最近新しい仕事ができるようになりました!

 

20210512 (4).png

 

刈払機の講習を受けて、運動場の芝刈りをしています。

やってみると、楽しい!

ただ、ずーっとエンジンが震えているので、初めての作業の後は手がプルプルして、もう大変でした。

 

 

20210512 (1).jpeg20210512 (3).jpeg

 

1日中ずっとの作業はできないので、時間を決めて交代交代で進めていきます。

だんだんと進んできましたが、2人で 5日ほど作業をしても終わらず。

思っていたより大変な仕事でした。

 

 

それはともあれ、ふと気になったことが。

昔話桃太郎に出てくるおじいさんは、山に 『しばかり』 に出かけていきますが、

こんなに大変な仕事を、おじいさんはきっとカマを使って地道にやっていたんだろうなぁ。ということ。

 

事務所で、率直に疑問を投げたところ、「それ違うよ!」と一言。

調べてみると、おじいさんは『芝刈り』ではなく、『柴刈り』に行っていたのです。

この柴刈りとは、たきぎに適した雑木の小枝を探しに行くこと。

なるほど!おじいさんがカゴや背負子を背負って出かけているのにも納得です。

 

今日も一つ疑問が解決されました。午後も芝刈り頑張ってきます。

 

佐々木(ひめちゃん)

2021年5月10日

GW体験プログラム報告!

みなさん、こんにちは!

学園スタッフの小林(こばしり)です!indecision

 

日に日に春の暖かさを感じるようになり、様々な生き物たちが顔を出すようになりました。

この日光でどれくらいの生き物たちに出会えるのか、ワクワクしているこばしりです!

 

さて今回は、ゴールデンウィーク中に行った体験プログラムの活動報告をさせていただきます。

 

ゴールデンウィークに学園をご利用いただいた方たちへ、体験プログラムを実施しました。

・5/1 クラフトコーナー

・5/2 火起こし&空き缶ポップコーン作り

・5/3 にっこう のあそびくらぶ

 

それぞれの様子をご覧ください!

5/1 クラフトコーナー

今回のクラフトコーナーは、1Fホールで13時~21時まで開放し、好きなタイミングで体験できるものをご用意しました!

P1010160.JPG

P1010161.JPG

クラフトの種類は、

・木の名札

・ぶんぶんごま

・バードコール

・木のスプーン

・シカ革キーホルダー、シカ角ストラップ

自分の興味のあるクラフトを選んで、大人も子どもその時間は集中…。

夢中になりながらも楽しく過ごしていただけました!

 

5/2 火起こし&空き缶ポップコーン作り

この日は、AMとPMの2回開催!

まずは、マグネシウムマッチを使った火起こし体験から。

流行りのマグネシウムマッチでの火起こしは、初めて使うことにも火が付くかどうかも含めて、ドキドキの時間でした!

 

その後は、空き缶ポップコーン作り。

空き缶にポップコーンの種と油を入れて、火にかけていきます。

P1010164.JPG

P1010173.JPG

P1010174.JPG

 

すると…。

缶の中でポップコーンの出来上がり!

袋に移して、自分の好きな味に調節しました。

P1010177.JPG

簡単に出来て、大好評のプログラムでした!

 

 

最後は…

5/3 にっこう のあそびくらぶ

今年度から始まった、新しいプログラムです!

 

みなさんは『森のようちえん』ってご存知ですか?

森のようちえんについて、詳しくはこちら → https://morinoyouchien.org/

この『にっこう のあそびくらぶ』は、森のようちえんをベースにした活動です。
 

 

今回の参加は2名。兄弟での参加でした!

まずは、学園内の池で生き物探しの時間。

大量のオタマジャクシを見て「キャー!!」と、叫んでいました(笑)

P5030157.JPG

 

ですが、時間が経って、愛着がわいたようです。

P5030159.JPG

捕まえたオタマジャクシを自分たちで虫かごに移して、じっくり観察していました!

 

外で活動していたら雨が降ってきたので、屋内活動に変更。

しっかり換気と感染症対策をして、ガスコンロを使って焼きマシュマロ!

P5030170.JPG

夕食前のおやつ時間。食べすぎには要注意ですね(笑)

 

 

どの活動も解散するときには、みなさん笑顔で帰られていました。

学園で過ごす時間が少しでも楽しいものになっていたら幸いです。

 

今後も状況を判断しつつ、できるだけ楽しい時間を作りたいと考えています!

今回、ご参加いただいたみなさん。ありがとうございました!

 

小林(こばしり)

2021年5月 7日

日光史跡探勝路①

皆さん、こんにちは!

学園職員の南斉(ちゃい)です。

 

日光史跡探勝路をご存じでしょうか?

日光の隠れた史跡を巡るルートになっており、

自然と史跡が合わさった景勝地が、雄大な歴史と自然を感じさせてくれます。

 

今回は、そんな日光史跡探勝路の一部を紹介したいと思います。

まずは、神橋から輪王寺を目指し、駐車場を抜け日光東照宮美術館を目指します。

日光東照宮美術館は近代和風建築で、趣深い美術館となっています。

P5040196.JPG

襖絵などの近代美術の傑作を、拝観できるので是非寄ってください、。

 

そんな美術館の前の通りには、不思議な墓所があります。

P5040197.JPG

教旻僧都の墓です。

日光を開山した、勝道上人の第一の高弟で、勝道上人の跡を継ぎ、日光山第二祖として名を残しています。

言葉では表せないほどの功績を残した方のお墓が、何故ひっそりと通路の壁際にあるかというと、

東照宮を建てる際に、勝道上人のお墓を始め、墓所の移設を行いました。

その中で、教旻僧都のお墓を移設しようとすると、ケガをしたり事故が起きたりするので、移設を諦めたとのことです。

日光を見守りたいとの思いが強かったのか、他に理由があるのかはわかりませんが、

日光の長い歴史の中の、不思議な出来事の一つでしょう。

 

ちなみに勝道上人のお墓は、他の3人の高弟の共に、静かに祀られてます。

次回は、勝道上人のお墓を始めとした隠れた史跡を紹介したいと思います。

 

日光の歴史と不思議に触れていきましょう。

 

南斉(ちゃい)

2021年5月 6日

夜泣き石

こんにちは、学園スタッフの佐々木(ひめちゃん)です。

GWも終わり、今日から学校や仕事が始まるのでしょうか。

朝は、元気に登校する子どもたちに、たくさん会いました。

 

大通りから、学園への分岐を曲がってすぐにちょっと驚くこの光景。

210506 (5).jpeg

 

ん?何かが道の真ん中にあります。

近づいてみると…

 

210506 (2).jpeg

 

なんと、そこには大きすぎる石がありました!

両手を伸ばしても届ききらないほどです。

そしてそして、この道を大型バスも通るというから驚きです。

 

この石には「夜泣き石」という名前が付けられ、古くからの言い伝えと共に守られています。

どうやら2つほど伝え話があるようですが、今日は1つをご紹介。

 

あるところに、医者に行っても、行者の虫封じも、効き目がなく、夜通し泣き続ける子どもがいました。

困った母親は、夜中に家を抜け出し、大石の前で「どうかこの子の夜泣きが止まりますように」とお願いをします。

すると不思議なことに、その晩からぴったりと夜泣きが治ってしまったのです。

それからというものの、評判がやまずこの大石は、子どもの守り神となったと言います。

 

さてさて、この巨石はどこからやってきたのでしょうか。

不思議なことはたくさんですが、ぜひ皆さんも学園に来た際は「夜泣き石」を確認してみてください。

日光市には、巨石がある場所が他にもあるようで、町の名前にもなっているそうです。

また、他にも見つけてみたいと思います。

 

佐々木(ひめちゃん)

2021年5月 3日

マムシグサって知ってる?

みなさん、こんにちは!

学園スタッフの小林(こばしり)です!indecision

 

 

今回は、マムシグサについてご紹介したいと思います。

IMG_2659.JPG

 

みなさんは、マムシグサをご存知ですか?

学園内にもいくつか生えているんですが、僕が最初に見たときは衝撃的でした。

 

なんだか色が不気味で、異様なオーラを放っているように見えたんです。笑

 

「怖いな~怖いな~」と思いつつfrown

この植物にちょっと興味が湧いたので、調べてみました!

 

IMG_2657.JPG

マムシグサ。漢字で書くと【蝮草】と書きます。

 

その名の通り、茎の色やまだら模様が、マムシの表皮に似ていることから、その名が付けられました。

さらに、マムシグサの自生地が、マムシの住んでいそうなジメジメとした湿度の高い場所であることもそのひとつだそうです。

 

サトイモ科ということで、球根がサトイモに似て、見分けがつかないと言う人も…。

間違えて食べちゃった人がいるくらいだそうです!crying

 

マムシグサは毒を持つ植物で、葉、実、球根には、多くの毒があります。

この植物を口にしてしまうと、口中から喉にかけて、針を刺すような激しい痛みがあるとのこと。

また、球根の汁に触れると、炎症を起こすほどの毒性らしいです!

 

「こんなに怖い植物だったとは…」

と思いましたが、何やら根茎部分が生薬として活用されているんだとか!

 

IMG_2663.JPG

良いやつなのか、悪いやつなのか…。

これまた、マムシグサを通して植物の面白さを知ったこばしりでした!blush

 

 

小林(こばしり)

2021年5月 1日

ツツジについて もう一言・・・

皆さん、こんにちは!

学園職員の南斉(ちゃい)です。

 

先日、職員のひめちゃん(佐々木)がツツジについて、ブログを上げていました。

ツツジは、日光でも『市の花』に選ばれるほど、ポピュラーな花になります。

私は、学校の帰り道や公園の生垣としてよく見かけていました。

 

先日のブログを読んでいて、昔のことを思い出していた時のこと・・・1つ気になったことが・・・

 

ツツジは漢字で書くと『躑躅』・・・・・・何で『足』?

 

どうても良い事かもしれませんが、それがとても気になったのです。

 

調べてみた結果・・・

『躑躅』は中国語で、由来としては『足を止めてしまうほど美しい』とうのが一説としてありました。

花言葉と一緒に知っていると、ツツジが昔から愛されていたことがわかります。

 

花を調べていると、人と植物の歴史にも触れる事ができました・・・

20210501_141237.jpg

南斉(ちゃい)

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2021年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2021年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。