« アシナガバチの巣を駆除しました! | ホーム | 珍しい蝶を発見しました! »

2021年9月 8日

秋もよう?

こんにちは、学園スタッフの佐々木( ひめちゃん )です。

最近の学園はというと雨模様、そして9月に入ってから寒さがやってきました。

お昼の気温は、18度。換気のために窓を開けているのもあって、室内でも上着が必須です。

暖房をつけるのは、もうちょっと我慢。なんて思っています。

 

さて、外の様子を見てみると何やら色づいている葉っぱが…

周りの葉っぱはまだ緑、先走りすぎてしまったのでしょうか。

20210908 (2).JPG

 

他の場所も見に行きましたが、ちょっとずつですが、色が変わり始めていました。

日光の紅葉は10月後半から11月が見ごろ、先に色づく練習でもしているかのようです。

ところで、なぜ秋になると葉っぱの色が変わるのでしょうか??

20210908 (5).JPG20210908 (11).JPG20210908 (13).JPG

 

調べてみると…

夏が終わり、寒くなってくると木々も冬を越すために準備を始めます。

冬は、日照時間が短く、寒さも厳しくなるので、光合成から養分を得ることが難い…。

そこで、葉っぱの付け根に離層というバリアを作って葉への養分を減少させます。

そして、木が枯れないように葉からも葉緑素(クロロフィル)を吸収分解して、栄養とします。

すると、今まであった葉緑素(緑の素)がどんどん少なくなり、葉が黄色く見えるようになるようです。

この時に、アントシアニンが葉の中でたくさん作られる植物は、葉が赤くなります。

 

まだまだ、解明されていないこともあるようですが、きれいな紅葉の裏には、植物の知恵が含まれているのですね。

紅葉シーズンが待ち遠しいです。

 

佐々木( ひめちゃん )

 

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、日光林間学園スタッフが2021年9月 8日 13:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アシナガバチの巣を駆除しました!」です。

次のブログ記事は「珍しい蝶を発見しました!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。